海外への飛行機旅行快適ガイド       〜 機内快適 〜
機内快適のトップページへ
operated by www.haratabi.com
トップ空港に到着! 〜チェックイン編〜>早め?ギリギリ?オンライン?
 
 
 チェックイン!早め?ギリギリ?オンライン?
 
 パスポートも持った、航空券もOK、お気に入りのアイテムたちも忘れずに、
 いよいよ空港に着きました。
 
 空港の入り口、しかも「国際線出発」のフロアに入ると、
 旅行モードが全開になり、オドレナリンが噴き出し、
 眼圧が上がって、こめかみが脈動してくることでしょう。
 
 しかし、ここで舞い上がってはいけません。
 いよいよ、これからの10数時間の運命、あなたの座席を決める
 「チェックイン」の儀式がやってきたのです。失敗するわけにはいきません。
 
 ここで、チェックインをするタイミングは、飛行機出発時間の
 どのくらい前がいいのでしょうか?
 
 ちなみに正規運賃やPEX券などで、既に座席を番号まで指定済みの方は、
 早くても遅くても、指定した席に座れるという点ではあまり優劣はありません
 (違う席、つまりアップグレードの可能性はありますが、少なくともエコノミーで
  事前に指定した席以外の可能性は低い、という意味です)。
 
 問題は、座席の事前指定ができなかった格安航空券の場合です。
 「機内快適のホームラン=格安でビジネスにアップグレード」を狙って、
 わざとチェックイン締切時間の間際にカウンターに行き、「エコノミーが
 満席だからビジネスへ」というストーリーを期待する戦略が、
 ずいぶん前からまことしやかにいわれています。
 
 結果の統計を持っていないので、確実なことはいえませんが、
 最近ではアップグレードの順位は、顧客データに基づいて、
 全てコンピューター上で予め決められているようです。
 (正規運賃やマイルの上級会員、予約クラスの高い順、など)
 
 つまり、満席狙いでギリギリに行っても既に別の人がアップグレードされており、
 自分はその抜け殻に収まるのみ、満席なので選択の余地もありません、
 という最悪のストーリーも十分考えられます。
 ましてや空港までの交通事情などで、チェックイン締め切り時間に
 間に合わなかったら・・・・もう目もあてられません。
 
 このようなことを考えると、最初からエコノミーでの希望を通すべく、
 できるだけ他の人が埋まっていない早いうちにチェックインをする、
 というのが現実的な気がします。
 当たるかどうか分からない宝くじに、見当違い(かもしれない)方法で臨むより、
 まだ自分の力で何とかなる(かもしれない)方法=早めのチェックインという戦略です。
 
 最近は成田空港第一ターミナルなど、カーブサイドチェックイン
 (空港外の車寄せでのチェックイン)ができる空港もあり、
 これを使えば同じ時間に空港に着いても、ライバルに(数分の)差はつけられる?
 
 更なる究極のチェックインは、オンライン上でチェックインを済ませてしまうもの。
 出発の48時間前くらいからチェックインできるので、当日にチェックインする
 ライバルたちはハナから相手ではありません。
 
 E-チケット扱いの航空券が中心になると思いますが、
 普通運賃・PEX以外の格安航空券でも、マイル会員になるなどの登録をすれば
 利用できるところもあります。
 
 航空会社を選ぶ際、航空会社のサイトでオンラインチェックインの可否を
 確認してから航空券を買うという、根回しも有効と思われます。
 
 ということで、おススメは、
 (1)オンラインチェックインができるなら、それを利用する
  (「利用できる航空券を買う」「マイル会員になる」等の、条件にあった根回しをする)
 (2)できなければ、できるだけ早く空港に行き、なるべく席の埋まっていない
   うちに希望の席をおさえる

 というタイミングです。
 
進む →
このページの一番上へ
 
 
トップ準備編チェックイン編搭乗前の対策編搭乗後の機内快適編皆様の機内快適機内快適日記