海外への飛行機旅行快適ガイド       〜 機内快適 〜
機内快適のトップページへ
operated by www.haratabi.com
トップ機内快適日記>2007年04月
 
 
   
 本日の快適な飛行機!  〜機内快適日記 2007年04月〜
 
 本サイト管理人が、日常より感じた飛行機旅行快適のヒントをご紹介します。
 
 2007/04/30(月)

 連休3日目の今日は、電車で広島に出かけてみました。
 GWという気候にふさわしく、爽やかないい天気で
 路面電車も人でいっぱいでしたよ。
 
 
 まずは広島に来たら、お目当てはこちら
 お好み焼きがなければ始まりません。
 
 
 で、お好み焼きが出来上がるのを待っている間は
 もちろんビールです(笑)。
 休みの昼間に飲むビールはたまりませんな。
 
 
 目の前で調理されていく様子を眺めて、
 食欲は最高潮!!
 
 出来上がったのは焼きそば入りの
 「純粋広島風」お好み焼きです。
 
 エビ・イカ・豚肉入りで大変おいしかったのですが、
 たっぷりとした量で、このあと3時間は
 胃の中にとどまりました。
 
 
 そのあとに目指したのは、新緑の中の・・・・
 
 ひろしま美術館です。
 
 お目当ては、こちら
 「ヘミングウェイが愛した街・1920年代巴里」
 
 ヘミングウェイと交流のあった画家達の作品が
 時代的背景と共に展示されており、
 非常に分かりやすく、味のある企画でしたよ。
 
 
 展示だけでなく、美術館の建物・庭園も美しく、まさに「新緑の休日」という雰囲気満点でした。 
 その後は広島のNTTクレドビル内などを
 ぶらぶらしていましたが、夕方から天気が
 怪しくなってきたのと、疲れてきたので
 早めに帰宅です。
 
 いつもは車で動くことが多い休日ですが、
 たまにはこのような近郊へ電車で出かけるのも
 いいものですね。
 電車の中でも「機内快適グッズ」 は結構使えるものが
 多いです(路面電車の中とかではちょっと浮きますが・・)
 快適な移動でよい残りのGWを!!
このページの一番上へ
 2007/04/28(土)
 
 今日は東京より帰宅の日。
 
 羽田空港は午後の雷雨が上がり、
 夕方には日差しも夕焼けも見えてきました。
 
 
 が、やっぱり小雨はぱらついており、
 展望デッキもこのような人の少なさ。
 B747も雨に打たれて寒そうなので、
 早めに中に戻ります。
 
 この展望デッキで不思議なのが、
 決して飛行機オタクに見えない若者カップルが、
 嬉々として飛行機に見入っていること。
 こちらが「この雨の中、そんなに楽しい?
 中のソニプラとかの方がいいんじゃない?」と
 心配してしまいます。
 で、ターミナルビル内に戻り、
 夕食のラーメンをいただく。
 コンビニ以外の空港の物価からすると、
 800円台でラーメンというのは、まあ妥当なんでしょうか。

 で、更に本屋を物色していると、
 こんなものが発売されていました!
 今までは年1回だったのが、半期に一回に
 なったようですね。 早速購入です。
 
 
 帰りのこの便はやっぱり沖止めです。
 
 バスの排ガスの匂いに耐えながら、
 搭乗を待つ。
 飛行機は小さめなB767でした。
 
 飛行機の近くはいつもながら
 航空燃料の匂い(灯油の匂い)がすごく、
 あまり長くいると頭痛がしてきそうです。
 (というか、私は匂いに過敏すぎか?
 と最近気になっています)
 機内は満席とのことでしたが、「嗅覚」を基に指定した
 通路席の隣は空席で、のんびり過ごせました。
 
 到着空港着は21時で自宅到着は22時、
 お疲れ様の東京出張でした。
 
 それでは、遅ればせながら、よいGWを!!
このページの一番上へ
 2007/04/27(金)
 
 GW前最後の日は東京本社へ出勤です。
 
 この歳になって東京本社へは初の出社ですが、
 皇居を目の前に、結構すごいところだということは
 わかりました(今さら・・・・ですが)。
 
 
 更に今日はこちらがオープンということで、
 地方から上京のミーハー心ながら、
 ちょこっと行ってきてしまいました。
 ものすごい込みかと思いきや、
 行ったのが夕方のこともあり、意外とすんなり
 入れました。
 
 が、やっぱり中はそこそこの人。
 特に目ぼしいものもない私は早々に退散です。
 一方、「旧」丸ビルに行ってみると、そこは
 すばらしいすき具合。
 
 やっぱり商業施設は
 このくらいでないと、体力の消耗が激しいです。
 で、さらに丸の内仲通を歩いていくと、
 かねてから欲しいと思っていたバッグに遭遇・・・・・ 
 
 最近ずいぶん出張も多いし、
 旅先の気の大きさも手伝って、
 衝動買いしてしまいました(爆)。
 
 パソコンケースも同封されているので、
 本体上部に取り付けられて、
 パイロットやCAのように2段重ねで颯爽と
 歩けるところがスタイリッシュです。
 タイヤの騒音も小さく、帰宅後は何度も家の中で
 転がしてみて妻に怒られました(笑)。
 
このページの一番上へ
 2007/04/25(水)
 
 本日は日中は通常の業務をしつつ、
 夕方より近所の某地方空港より東京出張です。
 
 ちょっと早く着きすぎ、駐車場から滑走路を
 眺めていると、サーブ340Bが着陸し、
 到着ゲートにやってきました。
 機体は小さいのに、プロペラの風切り音が
 ずいぶんとうるさいのですね(笑)
  飛行機は小さすぎてタラップが付けられないようで、
 乗客は写真の停車(機?)位置から歩いてゲートへ
 
 
 で、やっぱり搭乗カウンターもガラすきでした。
 GW前の東京行きは、新幹線の上りと同じく狙い目か?
 
 毎回この時間の東京便は狭いわけで、
 機種も毎回A320 。
 
 3+3の座席配置で下手すると
 真ん中のセンター席しかあいていないことが
 多いですが、
 
 ご覧の通り、GW前の上り便は空席が目立ち、
 落ち着いて売店で買ったおにぎり弁当を
 食べることができました(笑)。
 
 このようなお弁当を広げるときには、
 隣席に人がいるといないとでは大違いです。
 予約時には空席表(座席指定)で、
 「いかにも隣がこなそうな」通路席を選んでみましょう。
 (これにはある程度のカンが必要ですが、
 席の空席状態を見ていると、だんだんと「におい」が
 してくるものです。)
このページの一番上へ
 2007/04/22(日)
 
 私は特に飛行機模型などのマニアなのではないのですが、
 今回見つけたこれは、写真で見る限り、「え、ほんとに紙でここまでできるの?」というくらい
 美しい出来となっていますね(もちろん、組み立ての技術あってのことですが)。
 
 出来合いのモデルプレーンを高いお金を出して買ってきても、
 すぐにホコリをかぶりそうですし、愛着もいまいちかな・・・・
 ということに比べ、ネット上でダウンロードすればタダ、
 カラープリンターで印刷すれば既に「公式カラー」もついており、
 何より自分で組み立てるということで、愛着もひとしおでしょう。
 
 これ以外にも「ペーパークラフト」ということで飛行機系をちょっと調べてみると、
 JALANAスターフライヤー、などがあり、それ以外にも上のCANONではこんなにたくさん!
 (個人的には、お城を作ってみようかな、と)
 
 「ペーパークラフト専用紙」で、GW中のお楽しみにぜひどうぞ!
 
    
 
 
 
このページの一番上へ
 2007/04/21(土)
 
 なかなか乗ってみることも、写真などで眺められることも少ない「ファーストクラス」。
 書店で見つけた「トム・ソーヤー」という雑誌には、各メジャーな航空会社のファーストクラスが
 詳細に紹介されています。
 
 特に現代の最新のファーストクラスキャビンのシートや食事の美しい写真の他にも、
 ちょっと前のレトロで優雅な空の旅の時代の画像や、セーフティカードのデザインなど、
 雑誌ならではの旅心くすぐる写真が満載!
 
 既に5月号ということで、気付くのが遅くて申し訳ありませんでしたが(汗)、
 連休中の旅への欲求不満解消(増進?)にぜひどうぞ!!
 

             
 
 
 
 (しかし、こういうエアライン特集って、特に飛行機系や旅系の雑誌でもない、
 「なんでこの雑誌が?」というようなところが特集組むことが多く、意表をつかれます。
 えてして、書店では「男性情報誌」や「男性ビジネス誌」などのコーナーで
 見つけることが多いような気がしますが・・・・あとはたまに「デザイン誌」系かな・・・?)
  
このページの一番上へ
 2007/04/19(木)
 
 関西空港は24時間空港のため、夜間の待ち時間にご利用できる「関空ラウンジ」が
 先月オープンしたようですね。これは(もちろん料金を払えば)エコノミークラスの乗客もご利用できます。
 (次の日の朝早い便の場合など、前夜泊にも使えるのかな?)
 
 そういえば私も以前、夜中のタイ航空673便(01:25発)にてバンコクへ行ったことがありますが、
 本当にこの時間帯の関空は「海の孤島」です。
 公共の交通機関もなくなってくるし、空港内の商店は閉まってくるし(ローソンは開いていますが)
 このTGの乗客以外はほとんど人も見当たらなくなってくるし・・・・
 
 しかし、夜間の時間を移動で有効に使えるという点では、
 このような夜行便は非常に便利ですよね。
 出発日当日も普通に働いて何食わぬ顔で空港へ向かえばいいわけですし。
 
 と思って、最近の関空発の夜中発便を見てみると、
 タイ航空TG673便(01:25発)の他に、カタール航空QR821(23:55発)ドーハ行き、そして
 エミレーツ航空EK317便(23:15発)ドバイ行きなどがあるようです。
 
 「夜行便は(エコノミーでは)窮屈で寝てられない」という欠点もありますし、
 「現地についてすぐ行動(または乗り換え)できる」という利点もあり、
 夜行便には一長一短ありますが、日本唯一の24時間空港からの
 夜間飛行というのも趣もあるものです。
 ぜひ一度「関空ラウンジ」ともにご利用になってみてはいかがでしょうか?
 
 
 夜間飛行といえば、こちら! 城達也さんは、永遠です!!
 
         
  
このページの一番上へ
 2007/04/16(月)
 
 週明けは雨降りのブルーなマンデーでした。
 GWまであと1週間ちょっと、と思っていたところに、
 来週末のGW直前にまたまた東京出張が入りました。
 
 ということで、早速チケット予約です。
 「GW前なので満席だったら・・・」という心配は無用で、
 東京行きは普段より空いている感じ。
 
 いつも仕事帰りに飛び乗る東京行きは、満席のセンター席が多いのに、
 今回はバッチリ通路側を取れました。A320は機体が小さいだけに中も狭く、
 通路側でないと窮屈でたまりません。
 
 
 
 この座席指定の画面は、斜めで見にくく、
 間違えて前後の席の指定をしてしまうこともあって
 嫌いでしたが、
 
 
 
 最近はこのような真上から見た図も
 できたのですね。
 私は断然こちらが見やすくて好きです。
 (両方での切り替えができます)
 あとは、「28B」の席が埋まらないことを
 祈るのみ・・・まあ、今のところ
 ご覧の通りのガラすきですが・・・
 
このページの一番上へ
 2007/04/15(日)
 
 このGW、皆さんはいかがお過ごしの予定ですか?
 (私は海外へは出ないのですが)格安ビジネスクラス航空券でも
 まだそこそこ空席はありそうですね(例1例2)。
 特に5月に入った後半からは値段がぐっと下がってくるので、
 近場のアジアあたりでお手ごろ価格のビジネスクラスを体験してみてはいかがでしょうか?
 
 かくいう私は、近県の美術館周りと、近所の公園でのBBQ以外は特に予定もないので、
 引きこもり気味ながら、空想の中での飛行機旅行を楽しんできます。
 空港イメージの音楽をかけながら・・・・
 
 
   CD Copen hagen Airport     
 
  
このページの一番上へ
 2007/04/14(土)
 
 長時間のフライトでは、エコノミークラスの乗客も大変ですが、
 パイロットや客室乗務員(CA)はもっと大変でしょう。
 
 暗くて、狭くて、乾燥した機内での長時間労働・・・・・
 パイロットは常に飛行機の状態に気を配らなければならないし、
 CAは客のわがままや不満も何とか鎮めなければならない・・・
 
 これで10何時間もよく持つなー、と思っていると
 さすがにそれは休憩タイムがあるそうで、このような「クルーバンク」と呼ばれる場所で
 仮眠を取っているようです。そりゃそうですよね。
 
 当然このような場所は一般乗客立ち入り禁止ですし、目に触れることもないですが、
 一度入って見てみたいですよね。
 
 いっそのこと、エコノミークラスも、頭上のもの入れスペース等含め、
 全て4-5段重ねくらいのカプセルホテル形式にした方が、
 空間的な効率もよいのでは、などと考えてしまいます。
 (やっぱりだめかな?)
 
  
このページの一番上へ
 2007/04/10(火)
 
 で、結局日曜日の朝に早起きして車を洗ったものの、
 その日の夜にはまたにわか雨が降り、今日に至るまで何回か
 そんなことの繰り返しで車はまた元通りのしだれ模様です。春は嫌いです。
 
 それはさておき、4月すなわち2007年度もあっという間に1/3が過ぎました。
 職場ではちらほらゴールデンウィークの話題が出始めています。
 ゴールデンウィークといえば海外!私は今年のGWには脱出の予定はないのですが、
 あちこち航空会社・旅行会社で航空券の値段から「バーチャルツアー」をしているところです。
 
 購入あるいはマイル使用で「これは」と思えるようなところがあったら、またご紹介しますね。
 (しかし、全然いろんなことが進んでいないのに、もう4月も半分近くとは・・・・)
  
このページの一番上へ
 2007/04/07(土)
 
 今日は朝一番に洗車をしようと意気込んで早めに起きて外に出たところ、
 外では霧雨のような小雨が・・・・
 ここのところ春のホコリ+黄砂+少雨の繰り返しで、車がすさまじい汚れようです。
 しかし雨の降っている中で洗車をする気にもなれず、
 家に引き返してしばらくして、休日の仕事をしに会社に出かけようとすると、
 今度は晴天・・・それでも春特有の霞んだ晴天です。
 
 もうこうなると、車は焼付け塗装状態で、気分もヤケクソになってきますが、
 今後はしばらく晴天が続きそうなので、明日は絶対早起きして洗車します!
 
 車も飛行機もきれいなほうが気持ちいいに決まっていますしね!
 
 それでは、おやすみなさい!!
 (写真はヤケクソ的に汚れたSAS機)
  
このページの一番上へ
 2007/04/06(金)
 
 こんばんは、早くも4月第1週の週末、金曜日です。
 ご無沙汰してしまってすみません。
 
 今日会社の回覧で回ってきたのですが、
 休憩所の机の上においてあった雑誌の思わぬところにこんなものが・・・・・
 
 中身を見ると、特集に割かれているページも多く、
 最近(というか結構前から)話題になっているLCC(ローコストキャリア)など、
 内容も比較的深部まで取材されていて楽しめます。
 
 そのような記事中でも面白かったのが、以下のくだりです。
 
 「昔、飛行機に乗るのは一大イベントだった。
 チケットを舐めるように何度も確認し、体調を万全に整え、
 お守りの一つでも握って乗るものだった。
 しかし、時代は変わった。・・・・・。」
 
 いやいやいや、これは、少なくとも私にとっては全然「昔」のことではなく、まさに「今現在」のことです。
 特に国際線の場合、インターネットでチケットは取るものの、
 郵送されてきたチケット(Eーチケットの場合は控え)を何度も何度もまじまじと眺め返し、
 旅行日にあわせていかなる不慮の事故や病気・急な仕事(笑)など入らないように万全の配慮をし、
 出発当日には本当に「お守り」を持って空港に出かけます。
 (もっともこの場合は飛行に安全祈願というよりは、
 「無事に旅行に出られますように」という、「日本離脱祈願」のためですが。)
 
 皆さんは、飛行機旅行の前の高揚感は十分堪能していますか?
 ビジネス誌だけに、データはしっかりしているようですので、
 本屋さんなどでも見てみてくださいね。 
 
 それでは、よい週末を!!!
 
   
このページの一番上へ
 2007/04/02(月)
 
 4月最初の月曜日・初出勤日の新年度です。
 
 新年度とは全然関係ありませんが、
 先日の出張の帰りの飛行機では、私にとっての新記録を達成してしまいました。
 
 それは、
 
 
 
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
 「受託手荷物重量 39kg!!」
 
 
 国内線での規定は15kgとのことですので、「これはさすがになんか言われるかな・・・」
 と心配しつつも、平静を装いつつ、手荷物受託場に向かうと、
 何もなく (但し、”HEAVY"のタグに「39kg」とは書かれましたが)
 「一点お預かりしました」と挨拶されるのみ。
 
 2倍もの重量を大幅に超えているのに、ANAさんは太っ腹でした。
 
 ちなみに、国際線では太平洋路線以外では、エコノミークラスは一人一個で20kg以内であるものの、
 太平洋路線では一人2個以内でそれぞれ23kg以内、つまり46kgも一人で運んでよいわけです。
 
 (このHPからすると2007/03/31までは2個以内でそれぞれ32kg以内、つまりなんと合計64kg!!
  ユナイテッド航空の場合はこの日付制限もなく、ずっと64kg!!)
 
 「太平洋路線」というのが、どういう理由でこのような違いが出ているのかわかりませんが、
 太平洋を挟んだ国への旅行はお土産をたくさん運ばなければ損な気がしてきますね。
 (といっても無駄な荷物を積んでの飛行は、燃費・省エネによくないので、
  あくまで必要な荷物にとどめましょう・・・人のこといえませんが・・・)
 
   
このページの一番上へ
 2007/04/01(日)
 
 今日から4月、2007年度の始まりです(正式には月曜の明日からかな?)。
 
 今日は一日引きこもりの日曜日でした。
 昨日までの出張の疲れを引きずった上、天気も曇・雨などで憂鬱な感じ・・・・
 こういう日は、ぬるめなお風呂に本でも読みながら長めにつかって、
 早めに寝るに限ります。
 
 こういうときにおススメなのが、風呂の中でめくりやすい小さな文庫本です。
 首あて用のタオルと、手ふき用のタオル(ページをめくる時に使用)2枚を使って、
 お好きな入浴剤をいれ30分以上ゆっくりあったまりましょう。
 
 出てきても身体ポカポカ、気分が落ち着いて穏やかに眠りに入っていけます。
 時差ボケに悩まされがちな、旅行先の海外でも有効ですので、お試しくださいね。
 それでは、明日よりよい新年度を!
 
 ( ↓ 風呂の中でのおススメ文庫本 ↓ )
 
          
 
   
このページの一番上へ

 
トップ準備編チェックイン編搭乗前の対策編搭乗後の機内快適編皆様の機内快適機内快適日記