海外への飛行機旅行快適ガイド       〜 機内快適 〜
機内快適のトップページへ
operated by www.haratabi.com
トップ機内快適日記>2007年05月
 
 
   
 本日の快適な飛行機!  〜機内快適日記 2007年05月〜
 
 本サイト管理人が、日常より感じた飛行機旅行快適のヒントをご紹介します。
 
 2007/05/29(火)
 
 週末の東京より戻って職場復帰した今日は、東京行のアップをしました(2007/05/26-28)。
 写真が多くて大変でしたが、どうぞご覧ください・・・
 
  
 2007/05/28(月)
 
 法事を終えた一日をはさんで、今日は再び帰る日です。
  
 昨日はANAのコンピュータがダウンしたとかで、
 ずいぶんと空のダイヤに乱れがあったようで、
 心配だったのでHPを確認してみると、
 今日はほぼ通常に戻っているとのこと。
 ただ、先日した座席指定をもう一度
 確認してみると、「機材変更」で、非常口席では
 なくなってしまっていました。
 比較的空席が目立つ便だったので、
 空席が多いエリアに、またもや「両端狙い」の
 座席指定。今回は何とかなりそうか・・・ 
 また、今回気になっていたのが、
 先日買ったこのバッグがバスの車内持込ができるか
 どうか・・・です。見た目大きそうだし、
 バスの床下トランクには入れたくないし・・・・・
     
 と心配してみましたが、実際に乗った羽田行きの
 リムジンバスはこの通り、結構足元のスペースには
 余裕があり、バッグをひざでまたげば、
 足のつま先部分は、前の座席の下のスペースに
 入るので、実質問題なしでした。
 ということで、機内も車内も持ち込める、
 こちらのバッグ、おススメですよ!!
    
 途中の道もすいていて、到着した羽田は
 今日も青空でした。
 昨日の影響もなさそうでしたが、
 「振り替え便」の手続きなどで、一部の
 カウンターは長蛇の列でした。
 ANA職員がテレビ取材などを受けている光景も
 見られましたし(無関係の取材かもしれませんが)
 晴天の5F展望台はやっぱり気持ちがいいですね。
 写真を撮る人だけでなく、絵を描いている人もいて
 ほのぼのとする光景です。
 今回の羽田発の出発ゲートは、68番でした。
 最近完成したこの「南ピア」のために、
 専用の保安検査場もできており
 第2ターミナルに馴染みのある人なら、
 「あれ?こんなところに」
 と新鮮な驚きを感じることでしょう。
 しかし、この68番ゲートは、「岬」のまさに先端で、
 歩いても歩いてもたどり着かない!
 途中このような景色を眺めることが可能ですが、
 早めのゲート到着が安心です。
 ずらりと並んだANAの尾翼を横目に
 ふうふう言ってたどり着いた今日の機材は、
 A320でした。
 過去に広島から台湾に行った時にも乗りましたが、
 「小さい!」というのがいつもの印象です。
 行きとは違い、「両端狙い」は見事に成功!
 真ん中空席で、3人席を2人で広々使えました。
 
 (というほど長く乗るわけでもないのでいいのですが。
 それにしても妻のズボンが変だ・・・)
 このすき具合から半ば予想はしていましたが、
 我々のすぐ後ろ、つまり最後尾の座席も空席でした。
 
 ただ、ネットでの事前の座席指定では「選択不可」と
 なっているので、ここは国際線の「非常口席」と同じく、
 前もっては予約しにくいのかもしれませんね。
 ただ、ドアクローズ後は真っ先に移動可能です。
 ということで、今回も青い空を眺めながら、
 快適な空の旅を過ごすことができました。
このページの一番上へ
 2007/05/26(土)
 
 今日は親族の法事のために東京へお出かけです。
 朝一番の羽田行きのため、眠い目をこすりつつ、6時前に家を出発です。
  
 今日はユニバーサルスタジオ号(?)の、
 B767型機でした。
 
 ウッドペッカーが描いてあっても、
 内装は普通の国内線です。
 
 「両端狙い」で指定した座席で、
 出発の10分前に無線LANでチェックした
 座席状況では、隣は空席でしたが、
 搭乗してみると満席で、隣にはきっちりと人が
 来てしまいました。
 
 通路側のほうが気軽だし、あえて真ん中席を
 申し出ることはしませんでした。
 で、到着した羽田では、沖止めのバス移動。
 地方空港発着はこのパターンが多いな・・・
 ただ、沖止めの利点は、このように機体の
 間近まで迫れる点です。
 
 テロ対策などを考えると、機体外側に近寄るのは
 ご法度なのでしょうが、空港係員の方も、
 子供が喜んで写真に納まっている姿などを
 見ると、「まいっか」的に機体に近寄らせてくれます。
 
 また、自分の乗ってきた飛行機以外にも、
 様々な飛行機の「準備段階」が見えて、
 飛行機好きには必見です。
 (バス側面の窓は熱線吸収ガラス(?)のせいか
 風景が青く見えます)
 乗ってきたUSJ号を遠巻きに眺めつつ、
 バスは預け荷物受取所のすぐ近くに着きます。
 
 飛行機が陸の孤島のようなゲートに着いて、
 延々と歩かされるより、ある意味いいものかもしれません
 
 特に、今回の飛行機座席は一番後ろの方だったので、
 降りるのも一番最後、何台か用意されたバスの
 中でも、ガラすきの最後尾のバスに載せてもらい、
 「この降り方は穴場かも」と思ったりしたものでした。
 ということで、天気のよい羽田を後にしたのでした。
このページの一番上へ
 2007/05/25(金)
 
 やっと金曜日です。
 
 で、明日・土曜日は(出張ではなく)朝一の飛行機で東京の実家に行くのですが、
  
 現時点でも飛行機の座席はこのときに予約した通り、
 3人席の真ん中はいい具合にあいたままです。
 
 前日のこの時間にこの具合なら、
 明日は3人席を2人でゲット・・・かな?
 まあ、真ん中に来たなら来たで、それはいいかな、
 という気分にもなっています。
 (このときと比べても、やっぱり席は通路側から
 うまっていくものですよね!!)
 
 では、今回も国内線ですが、また機内快適のヒントを探るべく、
 画像のアップもしていきますので、ご期待くださいね。
 
 そして、今週もお疲れ様でした、よいご週末を!!
 
このページの一番上へ
 2007/05/23(水)
 
 早くも週の真ん中水曜日、ご無沙汰しております。
 あなたは「あと二日で週末、うれしいなー」の心境ですか?
 それとも「あと二日しかない、週の後半に向けラストスパートだ!」の心境?
 
 私は、断然バタバタのスパートです(スパートにもなっていない?)
 
 スパートといえば(?)前回の旅行でフィンランドに行った時に、変わった運動をしている人々を目にしました。
 
 
 最初は、「雪もないのになぜストックを手にして
 歩いているんだろう?」と思いましたが、
 これは、「ノルディックウォーキング」という
 スポーツだったのですね。
 
 
    
 最近日本でも見かけるようになりましたが、
 手にしているのは、スキーのストックではなくて、
 それ用のポールで、靴もウォーキング用のものを
 使用するそうです。
 
 日本ノルディックウォーキング協会によると、
 フィンランドでは76万人ものノルディックウォーキング
 人口を抱え、通常のウォーキングに比べて
 エネルギー消費量で20%高く、肩や腰のこり・痛みを
 抑え、一時間当たりの消費カロリーは400キロカロリー
 にもなるとのことで、肩こり改善+ダイエットにも
 効果抜群!
 
 本場フィンランドの曇り空を思い出しながら、
 私も今度川べりでやってみようかと思います。
 
 (写真はヘルシンキのトーロン湾にて)
このページの一番上へ
 2007/05/20(日)
 
 昨日は久しぶりに車でちょっと走ったところにある温泉に行ってきました。
 ここの温泉、穴場らしく、地元のご老人がカラスの行水的に入ってすぐ出て行ってしまうので、
 いつでもガラすきで、昨日も屋内・露天共に貸しきり状態でした。
 
 さて、飛行機と入浴というと釣り合わない気がしますが、
 ここなら「飛行機好き」+「入浴好き」の両方の願いがかなえられます。
 これからの出発前にひとっ風呂浴びるもよし、
 出発しない(できない?)方もお風呂だけでも楽しめそうです。
 
 そのほかの空港の入浴施設というと、ここまで気合の入ったものはなさそうですが、
 「シャワー」というところではそこそこありそうですね。
 
 航空会社のラウンジの中にあるものもあれば、
 「リフレッシュルーム」などの一環としてシャワーを備えているところもあります。
 (成田空港の例関西空港の例羽田空港の例 
 ビジネスクラス以上ご利用の場合は、ぜひともラウンジ内のシャワーの場所を聞いてみましょう!)
 
 出張先のスーツなどでは「脱いで、着て」という行為がわずらわしいですが、
 遊びの旅行のときでは服装もそんなに気にならないし、気軽にご利用できるのではないでしょうか?
 大抵タオルや石鹸、ドライヤーなどもありますので、旅行の高揚感を更に盛り上げ、
 うまいビールを飲むためにも、出発前のシャワーはおススメですよ!
 
 
このページの一番上へ
 2007/05/17(木)
 
 「ビジネスクラスって、高いイメージがあるけど、なんとか安く乗れないかなぁ」
 
 もちろん、航空会社サイトでは「正規割引価格」ではアジア圏内でも20-30万円台後半はします。
 これではちょっと庶民にはおいそれと手は出にくいですよね。
 (一昔前の「憧れの海外旅行」というイメージそのもの?)
 
 ところが、これをお手軽にする術が「格安ビジネスクラス航空券」です。
 例えば、ご存知の格安航空券大手・HISなどでも最近は、格安ビジネスクラス航空券を広く取り扱っており、
 調べてみると、このように、驚愕な価格の悦楽ビジネスクラスへの世界があなたに!!
 
 ところが、このサイトの残念なところは、自分の乗りたい日の座席が本当にあるのかどうか、
 いちいち電話して聞いてみないといけないところです。
 行く気満々で電話しても「空席ありません」となったら、また別の日の候補を考え直して、
 またまた問い合わせ、それでまたダメ出しなら、「はぁ・・・道のり遠し・・・」ということになるわけです。
 
 「サイト上で空席状況まで分かればもっと予定が立てやすくなるのに・・・・」
 そう、そんな悩みも、こちらフリーバードならバッチリ調べられます。
 中でも、こちらのバンコク行きは、シンガポール航空という人気エアラインである上に、
 ビジネスクラスでこの価格!
 スタアラ系のあなたなら、ラグジュアリーなSQで、あっという間にバンコクの夏の夜へGO!
 
このページの一番上へ
 2007/05/14(月)
 
 で、今日の朝もう一度UAのサイトにてログインすると、
 マイルも何もいつもの状態に戻っていました。お騒がせしました(笑)。
 
 
 それはさておき、本日はAB-ROADの話題を。
 この名前の雑誌は今は既になくなって、サイトのみになってしまいましたが、
 これが創刊されたのは1984年、廃刊になったのが昨年の10月ですから、22年も続いたのですね。
 
 まさに格安航空券時代の到来とともに現れ、成長してきたといえるでしょう。
 私も本当にずいぶんお世話になりました。
 
 十数年前、海外旅行に目覚めた私は、毎月10日が待ち遠しく、
 あの電話帳のように分厚い雑誌が350円で買えることに感激し、
 数多くの航空券・ツアーの情報(写真)に目を輝かして
 行ったことのない国への思いを馳せたものでした。
 
 特に私の場合、巻頭の特集記事に魅せられて買っていた部分もありました。
 ちょっと思い出すだけでも、
 「エアラインランキング」「空港特集」「学生特集」「バーゲン・買い物特集」「秘境特集」「ハワイ特集」
 「動物特集」「危険対策特集」「エアラインランキング」「空港特集」「ハワイ特集」「アジア飯特集」等など・・・
  ( 「ハワイ特集」は本当にしつこいくらい!日本人はこんなにもハワイ好きか?)
 
 年間を通してみてみると、同じ特集がローテーションで回っていることがよく分かるのですが(笑)、
 やっぱり最新号での最新の情報は買ってしまうんですよね。
 なんといっても「エアライン特集・ランキング」は、飛行機のサービスがどんどん進化していくのを
 目の当たりにできて、到底自分では乗ることのできない量の飛行機の情報に、目を輝かしていたものでした。
 
 で、誌面でのAB-ROADがなくなって、HPのみになってしまったAB-ROAD.netでも、
 きちんとエアライン特集はありますねー、よかった。
 そこから直にそのエアラインの航空券が買えてしまうのも、楽チンです。
 この夏のご旅行は、目的地情報ではなく、航空会社情報で旅先を決めてみてはいかがでしょうか?
 
 
このページの一番上へ
 2007/05/13(日)
 
 ユナイテッド航空HPにてマイルを確認しようとすると、下のようなメッセージが。
 ”Please contact Password Support by clicking here. Once your password has been reset,
  you may log in and continue.”
 
 Web上で仮パスワード発行して再度ログインしようとしてもうまくいかず・・・
 
 自分のだけでなく、家族のID、,PWでも同じような様相なので、
 一時的にUAのサイトがおかしいのでしょう。
 ”0miles”って嘘だよね・・・・?
 
 

 
このページの一番上へ
 2007/05/12(土)
 
 ようやくGW明けの一週間が過ぎてやってきた、息つぎの週末です。
 (「一週間」は25mプールの素潜りのようです・・・)
 
 さて、私は今月末に再び東京に行くこととなりました。
 今度は出張ではなく私用で、妻も同行です。
 で、早速航空会社の空席状況を見てみると、あいにく二人がけの席は満席で、
 2人が隣同士で座れるのは3人がけのみとなっていました。
 
 国内線で短時間だし、妻からは「全然別の席でいいよ」といわれましたが(汗)
 国際線でも通ずるワザとして、このような3人がけを2人で使える可能性を
 高める手法をお知らせします。
 
 
 それは、右のように真ん中の席のみあけて、
 両端の通路席を取るというものです。
 
 よっぽど物好きの人でなければ、このような
 真ん中席をあえて選ぶ人は少ないでしょう。
 また、例え満席になってここに人がくることになっても、
 どちらかの通路席をその人に譲れば、
 「お、通路席にしてくれるの?ラッキー」と
 むしろ感謝され、こちらはこちらで隣同士となります。
 
 ここで重要なのは、
 (1)空席が目立つ便なら、3人席を2人で使える確率を高める
 (2)満席で人が来ても、交換できる確率を高める
 という二段構えで席を選んでいる点です。
 飛行機の空席状況は自分でコントロールできるものでもないので、
 このようなケーススタディに基づいて座席の選定を行うことは、快適な機内に向けた有効な手段といえます。
 
 帰りは「非常口座席」があいていたので、
 迷わずゲットしました。
 
 が、実際に乗るときにもご覧のような空席状況なら、
 ドアクローズの後に動くのも手かな、
 と思っています。
 
 ご自分の意のままに座席を選べるのは、航空券を航空会社から「直買い」することの最大のメリットです。
 まずは航空会社のサイトの集合、こちらからご希望の航空券を調べてみてはいかがでしょうか?
 
このページの一番上へ
 2007/05/10(木)
 
 海外旅行のフライト中、座席前に個人用モニターがある場合、
 いろいろなチャンネルがあると思いますが、皆さんは何を見ていますか?
 映画?ニュース?ドキュメント?アニメ?・・・・
 
 私は機内快適がどうとかいってる割には、この手の番組にはあまり興味はないのですが、
 モニターはつけて常に同じチャンネルにしてあります。
 それは「現在地」を示すナビゲーションチャンネル(というのかな?)です。
 
 
      (もうすぐ日本に到着、の図)  
 
  人によってはこれは「まだ3時間しかたっていない、あと9時間もある」などと
 これから先の長旅を思うと疲れが倍増するという方もいますが、
 私は断然、「あ、今ウラジオストク」「お、もうすぐモスクワ」などと地図でしか見たことのない地の
 真上を通る興奮でいっぱいです。
 
 また、飛行機は地図で自分が創造するのとはずいぶん違うルートを通っていくもので、
 「へえ、燃料節約のためなのかな」などといろいろ創造をかきたてられる上、
 定期的に繰り返される「到着時刻・現地時刻・対地速度・外気温」などの情報も、
 非日常気分を盛り上げてくれて最高!
 
 眠っていて起きてかなりの距離を稼いでくれていても嬉しくなるし、
 なかなか地図好きには楽しめるチャンネルです。
 
 そんな地図好きのあなたはもうご存知かもしれませんが、
 旅に出なくても世界中に行くことができる「グーグルアース」 私も使っています。
 更に一歩上のグーグルアースの活用には、こちらをぜひどうぞ!
 
 
                    
 
このページの一番上へ
 2007/05/08(火)
 
 GW中に読んだFAモノの本の第2弾、今日はこちらです
 
       
 
 これはアメリカの現役フライトアテンダント、エリオット・ヘスターさんによる、
 まさに「生の」機上物語です。(おそらく所属航空会社はアメリカンかユナイテッド?)
 
 中でも面白かったのが、エコノミークラスからファーストクラスへ
 「勝手に座席をアップグレードする非行客」がどの便でも必ずいるということ。
 FAさんがやんわり注意すると、大抵の客が様々な言い訳でとぼけて退散するそうですが、
 中にはガンとして聞き入れない困った客もいるそうで、FAさんの苦労が伺えます。
 (このとぼけ方が、人それぞれで・・・・)
 
 飛行機内での3クラス制を「機内のカースト制」と揶揄したり、
 FAが楽になるには、座席番号を廃止して「三万フィート上空の共産主義」にすればよい、
 などの例えもツボをついていて笑えます。
 
 この他、この誌面(画面?)上ではとっても書けないような「お上品な」機内での
 出来事・ハプニングなど盛りだくさん。
 「機内の生のエピソード」を期待するあなたの期待にお応えします。
 航空会社裏側からの機内という視点満載ですので、機内快適のご参考にぜひどうぞ!
 
        
 
 
 
このページの一番上へ
 2007/05/07(月)
 
 いよいよGW明けの初日は仕事山積みで、その中からも
 (非情にも)今日に今日のデッドラインを言い渡されたものをこなして
 帰りは遅くなってしまいました。
 
 しかし、会社というのも行ったら行ったで、この規則正しい生活が結構心地よいかも。
 というのもGWの「年中休暇状態」では、どうしても自分のペースがつかみにくく、
 あっというまに一日が過ぎてしまうからです。皆さんはいかがでしょうか?
 
 帰宅後は連休中にプリントアウトしておいたペーパークラフトを少し作ってみましたが、
 結構細かくて難しい!組み立ててみるとなんともひしゃげて、哀れな姿に(涙)。
 こんなに手先が不器用だったかな? 皆さんもぜひトライしてみてください・・・
 
このページの一番上へ
 2007/05/06(日)
 
 あーーっというまにGWも最終日。明日からまた日常生活が始まります。
 私はこのGW中、CA(キャビンアテンダント)・FA(フライトアテンダント)モノの本を結構読みました。
 
 その中でも面白かったのがこちら。
 『踊るフライトアテンダント 旬子参上!』です。
 
          
 
 旬子ネエさんがユナイテッド航空のフライトアテンダントになったのは、なんと35歳の時!
 それ以来のFA生活を面白おかしく語って聞かせて(読ませて)くれるのですが、
 なんといっても「ユナイテッド航空」というところが、私もよく利用するだけに現実味を帯びています。
 
 読み進めながら「へえー」というところしきりですが、特に驚きだったのが、トイレに関する一抹。
 
 ベルトサイン点灯中には「何がなんでも絶対に」トイレには行こうとしてはいけないのかと思っていましたが、
 FAさんがするのはあくまで「注意喚起」であって、「命令」ではないのだそうです。
 
 理由は、「絶対にダメ!」といって、トイレが間に合わなくては、それもまた大変だから、
 ということからだそうです。
 
 私は以前「もう絶対に間に合わない!」というところまで我慢して席を立とうとしましたが、
 FAさん数人に囲まれてマジ顔でスゴまれ、「ダメ」といわれてすごすご引き返したことがUAでありました。
 (その後ベルト着用サインが消えるまで何とか持ちこたえました。人間やればできるものです)
 が、これも状況を説明すれば、例えば立ってトイレに行っても
 「機内迷惑行為(?)で逮捕」とかにはならなかったのですね。
 
 しかし、トイレは早めに済ませるのが、やっぱり吉。いらぬ面倒は背負い込まないようにしましょう。
 (用心のために、こんなの↓を用意しておいたいたほうがいいか?)
          
 
 
 このほかにも、UAを舞台にした楽しいお話が、旬子ネエさんの軽快な語り口でたくさん楽しめます。
 ぜひ機内快適のご参考にもどうぞ!
 
          
 
 
このページの一番上へ
 2007/05/05(土)
 
 皆さんは海外旅行時の空港への「足」はどのようにしていますか?
 私は現在住んでいるところの最寄の空港が地方空港なので、
 自家用車で空港に向かいます(山中のためいくらでも台数をとめられる上、駐車料金はタダ同然!)。
 
 但し実家のある東京から成田空港への場合は、JR・私鉄・バス等といくつかの選択肢があります。
 以前は料金的に京成スカイライナーが好みだったのですが、
 電車の欠点は、なんといっても階段の上り下りが多いこと。
 
 乗換えがない、空港まで直通の路線が最寄り駅であればよいのですが、
 乗換えがある場合(しかもエスカレーター・エレベーターが不便なところにある場合)には、
 重い荷物を引きずって汗だくになること必至です。
 このため最近では専ら直通バスを利用するようになりました。
 
 「他にも成田へのアクセスは・・・・」と思って調べてみると、ありました、ヘリコプターでのアクセスです!
 「東京」「埼玉」「群馬」の3へリポートから成田空港行きで、
 料金はそれぞれ3万円、4万円、7.5万円(大人一人分、乗り合い料金)とのことで、
 料金はちょっとバスや電車に比べるとおいそれとはいきませんが、
 記念日やイベント時にはいいかもしれません。
 
 ちなみに同様のヘリでの空港アクセス手段は例えばニューヨーク(JFK)→マンハッタンなどもあり、
 (USヘリコプター社)こちらはJFK→34th st. で所要時間10分・$180位のようです。
 
 匹敵する「VIPな成田到着」を演出するハイヤーでも、東京23区内→成田空港は3-4万円程度(例1例2)
 だそうなので(但し一人ではなく、一台分)、検討の余地はありそうです。
 (なお、最近は所定の料金でビジネスクラスの航空券を購入すると、ハイヤーでの送迎が着いてくる
 ところが多いようなので、最初からビジネスに乗るつもりの場合は、航空会社にご確認を!)
 
  「ヘリコプターで颯爽と『成田空港専用スポット』に降り立った後に、格安航空券でエコノミークラスの客になる」
  のもある意味オツなものかもしれません。
 
 (私個人としては、やっぱり最寄のヘリポートまでは出向かなければならないので、
 家の前まで迎えに来てくれそうなこんなのがいいかな・・・・・(都内→成田で3.8万円だそうです))
 
 
このページの一番上へ
 2007/05/04(金)

 GW後半戦ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 私は前半に広島に行った他は、特に外出らしい外出もせず、
 会社でお仕事したり、飛行機関係の書籍を読み耽ったりしていました。
 
 これまで休みというと、「国内・国外脱出しなきゃ!」という強迫観念に近い思いに
 とらわれていましたが、休みこそ普段できないことを集中してやるのにもいい機会ですね。
 
 そんなGWも残すところあと2日!
 遊びも仕事も勉強も、物思いに耽るのもこの2日が勝負です。
 次回のご旅行の計画を立てるのもこのGWはチャンスですよ。
 というのも、(ありがちですが)「GW限定」ということで、ユナイテッド航空から
 キャンペーンのお知らせがあるからです。
 
 内容は、
 「2007年5月7日09:00までにユナイテッド航空日本地区ホームページにて
 ユナイテッド・ビジネス日本発国際線往復運賃をご購入の上、登録すると、
 ユナイテッド航空の運航する日本発着の国際線1区間をユナイテッド・ ファーストへアップグレード!」
 とのことで、ビジネスクラスの投資でファーストクラスが狙えるチャンスです。
 
 どのくらいおトクかというと、例えば東京発ハワイ行き(5/4-8/2出発)で、
 ビジネスクラス(UNITED GO BUSINESS FARES) 30.9万円、であるのに対し、
 ファーストクラス(UNITED GO FIRST FARES) 45.8万円 ですので、
 単純に足して2で割って片道だけファーストとすると38.35万円、
 これをビジネスクラス料金の30.9万円で乗れるので、7.45万円おトク!(ってなんか微妙・・・?)
 
 但しFクラスの正規割引運賃が設定されていない区間(例えばNRT-SFO)では、
 Fクラスの運賃が跳ね上がるので、おトク感は激増します。
 
 ユナイテッド航空のHPより日程等を指定した航空券購入のシミュレーションで、
 その価値をご確認の上、ファーストクラスの旅を体験するチャンスをお申し込みになっては?
 5/7の9時のお申し込みまでですので、お早めにどうぞ
 (アップグレードの区間が指定できないなどの規定もありますので、キャンペーン内容のご確認もお願いします)
 
 
このページの一番上へ

 
トップ準備編チェックイン編搭乗前の対策編搭乗後の機内快適編皆様の機内快適機内快適日記