海外への飛行機旅行快適ガイド       〜 機内快適 〜
機内快適のトップページへ
operated by www.haratabi.com
トップ機内快適日記>2008年3月
 
 
   
 本日の快適な飛行機!  〜機内快適日記 2008年3月〜
 
 本サイト管理人が、日常より感じた飛行機旅行快適のヒントをご紹介します。
 
 2008/03/31(月) 「朝の成田空港」
 
 早くも3月最終日、07年度の末日です。
 2007年度は皆さんにとってどんな年だったでしょうか?
 
 本日は早朝の成田空港のシーンのご紹介です
 
  クラウンプラザANA成田 の朝一番のバスで
 空港に着いたのは6:48でした。
 
 ホテル発は6:30発ですが、第二ターミナル着が
 先なので、20分位かかるようですね
 
 道路脇のカーブサイドチェックインには、
 早すぎて人一人いません
 
 (屋内の自動チェックイン機ともに
 朝7時からのようです)
 この垂れ幕を見るとアドレナリンが湧き出しますね
 
 「出発」!の四階フロア
 7時前の早朝とはいえ、
 もうこのくらいの人出はありました。
 ここにくると、どうしてもこれを
 撮ってしまうんですよね(笑)。
 
 A(スタアラゴールド)かB(ファーストクラス)、
 いやCのエリア(ビジネスクラス)でいいから
 これらのエリアでチェックインをしてみたい
 しかし、実際はFのエリアにてチェックインです(笑)
 
 やっぱりここも7時にならないと開かないようでした。
 カウンターの中に人はいるのですが、
 「申し訳ありませんが、7時までお待ち下さい」
 と謝られます。
 
 この段階で既に、私を先頭に10人以上の待ちの列
 
 別のルフトハンザのエコノミーカウンターでは
 手続き開始は7:45から、との表示が。
 
 しかし、(前回の経験で)ここは7:20位には
 オープンすることを、私は知っている・・・
 結局、ANAのカウンターは7時きっかりに開き、
 オンラインチェックインした紙とパスポートを
 機械にかざして手続きは秒速で完了。
 
 (やっぱりオンラインチェックインのメリットは
 よくわかりませんでした。
 予め座席事前指定をしておいて、ここで初めて
 チェックインするのと、「オンラインチェックイン」
 しておくのと何が違うんだろう・・・・)
 
 さすが本拠地・成田にはANA機がたくさん!
 
 しばし童心に帰って飛行機を眺めた後は、
 いよいよ出国です。
このページの一番上へ
 2008/03/30(日) 「ANA成田」
 
 日本に帰ってきたと思ったら、雨ですね。
 ヨーロッパも朝晩は息が白くなるほど寒かったですが、まだまだ日本も寒いです。
 
 この時期は寒暖の差が激しいので、体調にはお気をつけ下さいね
 
 出張前日には成田入りして前泊です。
 宿泊先はこちら、 ANA成田 です。
 
 成田空港からホテルまでは 無料シャトルバス
 で送迎してくれます。
 
 所要時間は15分位というところでしょうか
 ロビーはこの通り品のある空間が。
 
 素敵な滞在を予感させてくれます
 (私の場合、実質寝るだけなのですが)
 夜の10時過ぎでしたが、外人の方々を中心に、
 チェックインする人でいっぱいでした。
 
 ちなみに、こちらコンビニ(am/pm)は22時までです
 
 (お値段も、空港価格というか、ホテル価格でした)
 ここのウリはなんといってもこれ、
 ホテルの中にANAのチェックインカウンター
 あることです。
 
 ANAをご利用のお客様は、ここでチェックインすれば
 空港までは手ぶらで行くことができます。
 室内はクラウンプラザのイメージカラーである
 白と赤でまとめられています。
 
 シングルで予約しましたが、ツインにアップグレード
 していただきました。
 ネットは24時間で千円くらいでしたよ 
 お風呂はシンプルですが、
 ウォシュレット付なのが日本のホテルらしくて嬉しい
 
 (この後、欧州で何度このウォシュレットを
  恋焦がれたことか・・・)
 洗面所も清潔感あふれて好感が持てます。
 
 という感じで、(割増料金の)am/pmおにぎりを食べ、おやすみなさいの初日でした。
 
 ちょっとお高いイメージのある クラウンプラザ ですが、8千円ちょっとで泊まれてお得でしたよ。
  
このページの一番上へ
 2008/03/29(土) 「帰国しましたー」
 
 当サイトを毎日チェックしていただいていた皆様、どうもありがとうございます。
 ようやく帰国いたしました。
 
 2週間にわたる欧州出張、(少なからぬトラブルにも見舞われましたが)楽しんできました。
 
 出発時ANAのNRT-FRA線では成田で
 ラウンジを堪能してきましたし、
 機内ではプレミアムエコノミーの
 Exit Row席をゲットでき、足を延ばした
 快適な空の旅でした。
 ドイツで仕事を終えた後、次の目的地の
 イタリアへの移動時に利用したFRA空港は
 雨でしたが、
 到着したベニスは快晴!
 
 見慣れぬ多くの航空会社の飛行機とともに、
 地中海の海・空の色にとても映えていましたよ!
 
 という感じで、当サイトでは「機内快適」を中心に今回の旅を検証していきます。
 
 が、たまに横道にもそれるかもしれません、ご了承くださいませ。
  
このページの一番上へ
 2008/03/13(木) 「いよいよ前日」
 
 いよいよ出発は明日に迫りました。
 ようやく準備が終わりました。疲れましたが、明日から海外と思うと力がみなぎってきます。
 帰国しましたら、今度の機内快適の様子をまたアップしますので、どうぞ見にきて下さいね。
 月末までには帰国の予定です。それでは、ごきげんよう!
  
このページの一番上へ
 2008/03/12(水) 「出発前々日」
 
 いよいよ海外出張前々日、妻からは 「浮かれすぎ、アホ」
 と軽蔑の眼差しを投げられながらも、ANAのオンラインチェックインなどをしてみます
 
  
 予約番号とパスポート名を打ち込んだ後は、
 予約内容が現れ、「スマートeチェックイン」!
 座席番号・周囲の空席情報が表示されます
 PYは一席を除いて満席のようですね
 ちなみにこちらは帰りの便です。
 帰りもExitRowの窓側ゲットです。
 搭乗券のピックアップは2次元バーコードを
 自分のメール宛に送付させ、これをプリントアウト
 しました。(IC付き携帯は持っていないもので・・・)
 
 空港ではこの紙を持参して自動チェックイン機に
 かざすだけだそうです。
 (こちらが本当のチェックイン?結局、搭乗券を
 受け取る&荷物を預ける操作は必要なんでしょ?
 空港で一度にやるのと違いがよくわかりません)
 
 という感じでe-チェックインが済みましたが、そのメリットがここではよくわかっていません。
 空港ではしっかりチェックしてきます。
 
 あなたもe-チェックインが可能なANAで、春の旅へGO!
 (やっぱり浮かれすぎかな?)
  
このページの一番上へ
 2008/03/10(月) 「またまた東京出張(帰り)」
 
 今日は東京からの帰りです。
  
 今日はモノレールで空港へ。
 3時前とあってがらすきです。
 空港ロビーも、この時間だとこんな感じかな。
 ここはいつ来てもいっぱいですね。
 すごいカメラを持った飛行機少年たち。
 
 一枚ずつ取っては見せ合い、評論していました(笑)
 またまた今日もラウンジです。
 今日は制限区域内にあるこちら
 利用しました。
 
 こちらは四階にあってこの通り、 
 飛行機の眺めが壮観ですね。
 毎回このアイスティーでくつろぎます。
 やっぱりここは人は少なくて穴場かも
 時間になったので、搭乗口へ。
 
 夕暮れ時の空港は全てがオレンジ色に染まって
 美しいですね。
 
 ご年配のカップルも、飛行機を見ながら
 たそがれています(?)
 ちょうど夕日が747の向こうに沈むところで
 いい感じですね。
 夕日に照らされた747を真正面から眺める、の図
 夕日を追いかけながら西に飛びましたが、
 富士山を斜めにかすめて飛んでいきました。
 寒そう
 
 (手が写りこんでいて、スミマセン)
 そんなこんなで到着したころには真っ暗、
 A320もお疲れ様でした。
 
 今週は出張続きですが、なるべくアップできるよう、がんばります・・・・多分
 
  
このページの一番上へ
 2008/03/09(日) 「またまた東京出張(行き)」
 
 先週東京出張したばかりですが、翌週の今日もまた東京です。
  
 先週よりさらに日が伸びたことが実感できる、
 朝一番のフライトです。
 
 7時前でこの日の高さとは
 今日の朝食は、売店で買ったサンドイッチ2種類です
 
 朝から食べすぎかな?押し込むように平らげましたが、
 かなり苦しかったです。
 本日搭乗のB777は
 隣が空席で広々でした。
 
 座席事前指定にて、「隣に人が来ては変更」
 を何度も繰り返した結果です。
 (この手法も完全満席の場合は逃げ場がないですが)
 羽田空港についたあとは、予定の時間まで
 ずいぶんとあったので、空港のラウンジ
 過ごしてみました。
 
 搭乗前でないとダメなのかと思って、千円札を
 出しかけたら、「本日のご搭乗券ありますか?」と
 聞かれたので、先ほどまで乗ってきたものと
 クレジットカードを出すと、
 「どうぞ、ご搭乗お疲れ様でした」と
 ねぎらいの言葉までかけていただき、
 タダで通してくれました。ラッキー!
 で、ラウンジに来たからにはこれ(笑)。
 
 朝早かったので、到着後にシャワーと
 洒落込んでみましょうか。
 アメニティーも一通りそろっているし、
 通常のシャワーの他に、レインシャワーも完備です。
 タオル類もフカフカのものがスタンバイです。
 で、ひと風呂浴びた後にはラウンジスペースで
 ゆったりくつろぐ。日曜の朝とあってがらすきでした。
 ソフトドリンクは飲み放題、コンセントも各テーブル
 完備なので、ゆったり落ち着いて仕事や読書が
 できました。
 
 このような「到着後」のラウンジが使えるとなると、俄然時間を有効に使えます。
 クレジットカードのゴールドカードメンバー(年会費1万円前後)で、
 カード会員ラウンジが使えますので、ご検討されてみては?
 
 
 (クレジットカードの例;各カードでご利用できる空港・条件などのご確認はご自身でお願いします)
 
 
 
  
このページの一番上へ
 2008/03/08(土) 「シメのメシ」
 
 皆さんは海外旅行の際、いわゆる「日本食」を持っていかれますか?
 最近は即席・レトルトでも非常に軽量で美味しいのものが出回っており、
 海外に行っても日本の味を堪能できます。
 
 私も一昔前の若かりし頃(?)は、「え?せっかく海外に行ってるのに日本食?郷に入ったら、だろ」
 と粋がってあえて日本食を持参したりはしませんでした。
 
 が、携行即席日本食のありがたみを知ったのは、昨年初の北欧旅行のとき。
 「物価が高い」ということは、どの本を見ても、ホームページを見ても、書いてあることだったので、
 念のため、という感じでいくつかカップヌードルなどを持っていってみました(海外旅行で初めてのことです)
 
 で、これがなんと、大当たりでした。予想通り(!)、食事の値段はもちろん、
 スーパーの値段もまさしく、北欧価格+ユーロ高のダブルパンチ。
 しかも旅先では「飲んでさらっとシメのメシ」、というパターンが多い私にとって、
 こんな量食えないよ、という食事にその値段を払う気にはさらさらなれません。
 
 こんなときには日本から持参の即席メシが大変に重宝です。なにせ、ホテルはどこも
 電熱瞬間湯沸かし器(ティファール)があるし、ワイングラスやタンブラー、フォークなどもあって、
 まさに「持ち込んでください」といっているかのよう。こんな夜、ホテルで一杯やった後に食べる
 日本のかに雑炊五目ご飯.お茶漬け などは、かなり最高だったりします。
 
 で、再来週からの欧州出張にも、夜食用に本日購入して仕入れてきました。
 現地で消費することで、帰りの荷物のスペースが生まれることも、結構快感だったりします・・・
 海外での日本の味のシメのメシの快感とともに一石二鳥ですね。
 
 明日からは一泊での東京出張で、出張続きの3月ですが、飛行機・空港ネタはまたアップしますね!
 
  
このページの一番上へ
 2008/03/06(木) 「ICパスポート」
 
 2006年3月というからもう2年も前のお話になりますが、
 ICチップが内臓されている「ICパスポート」が、外務省より発行されています。
 
 このパスポートの特徴としては、IC(集積回路)を搭載し、国籍や名前、生年月日など身分事項のほか、
 所持人の顔写真を電磁的に記録しており、これまで以上に儀変造が難しくなるとのことです。
 
 しかし、このような「安全です」というFAQの説明にもかかわらず、スキミングが横行する場合も
 あるのでしょうか、パスポートのスキミングブロックの商品 が売り出されています。
 
 このような偽造・変造をめぐる争いはいたちごっことなるのが常ですが、
 無防備よりはずっとましかもしれません。
 また、パスポートだけでなく、他のICタグ付のものの(クレジットカード他)の防備にも有効かもしれませんね。
 
 備えあれば憂いなし、犯罪防止もますますハイテク化・IT化してきました・・・・・
 
 (腹巻き財布入れ が一番安全だったりして。
  私は昔これを使っていて、汗で札が湿ってお店の人に嫌がられました)
 
  
このページの一番上へ
 2008/03/03(月) 「東京出張(その2)」
 
 東京へ一泊して仕事を済ませたあとは、早めに羽田空港へ移動です。
  
 
 今日はいつものモノレールではなく、
 京浜急行で移動してみました。
 
 モノレールの方が空港が近づいてくる景色が
 見られていいですね。
 
 
 月曜日夕方の出発ロビー。
 そんなにゲキ混みではないようです。
 
 
 展望デッキもまずまずのハイリです。
 子供が結構いましたね。休みなの?
 
 
 羽田空港には今度新しくD滑走路ができる
 そうですね。展望台のある5階の端には
 特別ブースもありましたよ。
 
 
 今日はいつものように空港B1のampmで
 弁当を買ってどこかのベンチで食べようかと
 思っていたところ、カード会社のラウンジ
 あることを思い出しました。
 
 入り口で「食べ物の持ち込みはダメでしょうか・・・」
 と気弱に聞いたところ、「どうぞー♪」
 と快く受け入れてくれました。
 
 
 内部には雑誌・新聞類と
 
 
 ソフトドリンクの類がある程度ですが、
 飲食物の持ち込みが可となれば、
 俄然利用価値は高まります。
 
 ゴールドカードと当日搭乗券があれば
 無料で利用できますが、クレジットカードが
 なくても1000円で利用できます。
 
 
 パスタとサラダで優雅な夕食、の図。
 ソフトドリンクでも飲み物があるのは
 ありがたいです。
 
 (缶ビールも300円で販売しています)
 
 
 無線のLANも飛んでいますので、
 ネットも使い放題。
 
 電源も(ある場所には)あるので、
 仕事し放題です。
 
 
 ということで、帰りもExitRowの23Aにて、
 ただいまでした。
 
このページの一番上へ
 2008/03/02(日) 「東京出張(その1)」
 
 3月最初の日曜日は、明日の東京出張に備えて今日のうちに前日入りです。
  
 
 本日搭乗のB767-300。
 
 3月ともなればだいぶ日も長くなってきて、
 7時前でもこの明るさです。
 
 
 週末の朝ということで、チェックインカウンターは
 まずまずの人出みたいです。
 
 売店でパンを買って食べていたら、
 あっという間に搭乗時間になってしまいました。
 
 
 航空券購入時と同時に予約した非常口横席
 (Exit Row)の23A。
 
 窓側でも荷物の上げ下ろしが自由にできますし、
 厚着で着たり脱いだりの冬場には、
 自分の占有スペースが広くて特に便利ですよ。
 
 
 
 天気のいい日のフライトは最高ですね。
 (雲の上はいつも天気がいいですが)
 富士山も雲の上から頭を出していました。
 
 
 ということであっという間に羽田空港に到着。
 沖止めでターミナルへはバス移動でした。
 
このページの一番上へ

 
トップ準備編チェックイン編搭乗前の対策編搭乗後の機内快適編皆様の機内快適機内快適日記