海外への飛行機旅行快適ガイド       〜 機内快適 〜
機内快適のトップページへ
operated by www.haratabi.com
トップ機内快適日記>2008年7月
 
 
   
 本日の快適な飛行機!  〜機内快適日記 2008年7月〜
 
 本サイト管理人が、日常より感じた飛行機旅行快適のヒントをご紹介します。
 
 2008/07/30(水) 「帰りました」 
 
 機内快適日記を日々楽しみにしていただいている皆様、昨日帰ってまいりました。
 
 
 今回の旅行、じゃなかった出張では、NRTに飛来するA380を眺めたり
  
 
 
 FRAでは空港内をバス移動のため、多くの飛行機のお尻を眺められたり(笑)で、
 
 
 
 飛行機好きにはなかなか味のある旅となりました。
 
 詳しくは、機内の快適状況と共にアップしていきますので、
 今後ともよろしくお願いします!!
 
 
このページの一番上へ
 2008/07/16(水) 「行ってきます!」 
 隣が空席のバルクヘッドを狙い
 ギリギリまで待ってみましたが、
 座席の状況は変わらないようです。
 
 それでは行ってきます!
 次回の更新は7月末になりますので、
 それまでごきげんよう!
 
このページの一番上へ
 2008/07/15(火) 「出発前夜」 
 
 いよいよ出発は明日、テンションも最高潮の中、汗だくで荷物のパッキングが終わりました。
 で、詰め終わったスーツケースの重さは、22kg。
 日本のチェックインカウンターではまだまだこれくらいなら大目に見てくれるでしょう。
 
 但し、海外の厳密なチェックインカウンターでは、文句を言われる
 (ひどい場合には課金される)ところですので、事前のチェックは不可欠です。 
 
 私の場合、スーツケースの重さを量るのは、体重計にスーツケースを持って乗り、
 その後自分だけ乗って引き算して、スーツケースの重さを出しています。
 こうやって預け荷物の重量が「許容範囲」の中か外かということを予めわかっているだけでも、 
 出発前の気分の持ち方・余裕がずいぶん違うもの。
 
 日本出発だけでなく、海外からの帰国の際にも、帰国前夜はホテルで体重計を借りて、
 重さを許容範囲内にとどめ、安心して帰国前の眠りにつきましょう!
 (但し、ホテルで体重計を貸してくれるかどうか(備え付けてあるかどうか)は、ホテルによると思います・・・)
 
 
このページの一番上へ
 2008/07/14(月) 「時差ボケ解消」 
 
 海外出張前のウキウキさからか、または日曜の夜の落ち着かなさからか、
 昨晩は寝つきが非常に悪く、明けた今日はボーっとした月曜日でした。
 
 私の場合、遠足前にもそうなのですが、遠足中(=海外滞在中)にも寝付き、
 というより時差ボケがひどく、現地に行って3日くらいは直りません。
 
 昨晩は、3時前に起きてしまってその後寝付けない、まさに時差ボケのような感じで、
 逆にいえば日本で時差ボケになっておいて、今から現地時間に合わせているような気分でした。
 
 
 今回は現地に行った翌日には、全開の仕事が
 待っているので、時差ボケは避けたいところ。 
 そこで、睡眠導入剤の登場です。
 
 現地の宵の口、夕食・入浴後にこれを2錠飲んで、
 翌日はスカッとした朝を迎えたいですね。
      
          お手軽なジェネリック医薬品ならこちら。
 半額近くのお値段で同じ効果が期待できます。
 
 時差ボケだけでなく、現地の不安さ(?)から来る不眠の場合にもお試し、快適な朝をお迎えください!
 (日本での生活に不安がある場合にも効果的です。但し、常用してはいけないようですので、ご注意を)
 
このページの一番上へ
 2008/07/12(土) 「発券」 
 
 ようやく、待ちに待った航空券の発券手配が済みました。
 もちろん紙切れ一枚e-チケットですので、昔のカーボン紙にはさんだ横長のものと比べると
 風情に欠けますが、やっぱり航空券は航空券、感慨もひとしおです。
 
 この予約番号を使って、ANAサイトから「予約確認・購入」のところよりログインを行ってみると
 
 きちんと予約の便名が表示されました。
 
 まずは座席の確認を行ってみます
 「スマートeチェックイン」をクリックすると、
 チェックイン対象フライトの座席が表示されます。
 
 行きのパリ線はバルクヘッドの通路側。
 前がいない・通路に出やすい等自由度は
 最高ですが、窓の外が見られないのが
 ちょっとさびしい。
 
 で、窓側に変更してみました(笑)。
 ただ、翼の上なので、真下の景色は望めそうに
 ありません。やっぱり通路側に戻そうか・・・
 
 このように、画面の座席表で空席状況を見ながら、
 あいている座席へ何度でも変更ができるのが
 ANAの強みです。
 気まぐれなあなた(私)にもピッタリ!
 こちらはフランクフルトからの帰りの便。
 非常口横=ExitRowの窓側です。
 
 座席前には広々とした空間があるので、
 足を投げ出せます。
 個人的には最高の座席位置ですね。
 食事の内容も確認できます。
 
 行きのパリ線の最初の食事はご覧の通り。
 「メインディッシュ」の中から二者択一です。
 どっちにしようかな・・・
 ドリンクのリストも表示されます。
 カクテルも作ってもらえるようですね。
 こちらが帰りの便の食事メニューです。
 
 帰りは日本食が恋しくなっていると思うので、
 「若鶏の竜田揚げとごはん」かな・・・
 ドリンクメニューは行きと同じでした。
 そりゃそうか・・・
 
 という感じで、購入・発券後には予約番号を使ってサイト上でログインし、
 座席位置を自分で確認・変更したり、食事内容を見たりといろいろ遊べます(笑)。
 
 特に、座席を事前にここまで、自分で好きなようにコントロールできるという点で、ANAはピカイチですね。
 あなたもこの次のご旅行・ご出張はANAで、自分のお気に入りな席をゲットしてしまいましょう!
 
このページの一番上へ
 2008/07/09(水) 「成田前泊」 
 
 海外出張前秒読み段階で、準備も目白押し、テンションも上がってきました。
 さし当たっては出発日には、成田発が早めの便なので、
 成田空港周辺のホテルに前泊です。
 
 予約したのはこちら、ANAクラウンプラザ成田です。
 
 写真は前回泊まったときの模様。
 
 広々としていながらシックで、
 高級感溢れるロビーですね。
 
 ツインの部屋はちょっと狭めでしたが、
 クラウンプラザカラーの赤・白に
 きれいにまとめられています。
 
 デスク・チェアーも座り心地は快適でした。
 バス・トイレは広々、当然ウォシュレット付です。
 空港までは無料シャトルバスがあるのが
 うれしいですね。
 
 朝は6:30発のホテル―空港便(所要時間10-15分)
 があるので、チェックインカウンターに
 一番乗りしたいあなたの要望にも応えてくれます
 
 このクラウンプラザホテルが、現在トリプルマイル・ポイントのキャンペーンを実施中です。
 『2008年6月9日〜2008年8月31日までの期間、加算対象料金で対象ホテルにご滞在いただくと、
  通常の3倍(トリプル)のポイントまたはマイルを獲得いただけます』
 
 高級感がある割にはお手ごろ価格で泊まれる、ANAクラウンプラザ成田にあなたも出発前の
 前泊をして、旅へ向かうための英気、空港への一番乗りとトリプルポイントをゲットしましょう!!
 
このページの一番上へ
 2008/07/07(月) 「世界時計」 
 
 七夕の夜、次回の海外出張のために、現在私が探しているもの・・・
 それは現地のホテルで使うための「目覚まし時計」です。
 
 数ヶ国かを回るので、瞬時に現地の時間にセットできて、
 しかも「目覚まし用」に信頼できる時計を探しています
 
 最近、目覚ましの時間をセットしても、その時間に鳴らない時計にいくつも遭遇しているので、
 「信頼できる」相棒が欲しいのです。
  (「鳴っているのに気付いていないだけ」というわけではありません・念のため)
 
 「信頼できる」という点ではデジタルでしょうか。
 卓上で見やすく、スタイリッシュなデザインが
 いいですね。
      
          こちらも二つ折り携帯型で、持ち運びに
 便利そうです。多機能満載で頼れる感じですね。
 こちらは世界4地域の現地の電波を受信して、
 自動で時間を合わせてくれるそうです。
 対応できる地域は限られていますが、
 正確さはピカイチです。
      
          「アナログの方が一目で見やすい」という
 アナログなあなた(失礼!)にはこちらをどうぞ。
 国を合わせると、針が自動回転して合わせるようです
 こちらもスタイリッシュなアナログ時計。
 夜光針がついていて、アラームのボリュームも
 四段階で調整できますよ。
        
 究極の世界時計はこちら!
 
 サイズは810×1200×54mm、21kgと
 海外出張に持っていくわけにはいきませんが、
 世界23都市の時刻をデジタル表示できます。
 一家に一台いかがでしょうか?
      
 
 いずれにしても新しく手に入れた目覚まし時計は、「本番前」に何度か試しに使って、
 きちんと「信頼できる」相棒であることを確認しておきましょうね
 
このページの一番上へ
 2008/07/06(日) 「夕日」 
 
 梅雨が明けたのかどうか微妙な、それでいて蒸し暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
 
 この時期は一年で一番日が長いだけあって、夕食後でもまだきれいな夕日が眺められます。
 
 
 というわけで、夕食後の散歩をひとしきり。
 
 雲ひとつない快晴の日の夕方よりも、
 比較的雲の多い日の方が、夕日の赤が
 雲に反射してきれいな夕日が臨めますね。
 ここに飛行機が帯を引いて飛んでくれれば
 最高だったのですが、そううまい具合には
 いきませんでした。
 
 きれいなオレンジの飛行機雲が見られるのも、
 こういう日の夕方なのですが、残念。
 
 美しい夕日を眺めながら、少し郷愁的な気分に
 なったら、こちらで昭和の郷愁に浸ってみますか・・・
         
 
 それでは、明日からまた新たな一週間が始まりますが、今週もよい週でありますように!!
 
このページの一番上へ
 2008/07/03(木) 「東京みやげ」 
 
 7月中旬に海外出張が入り、もう目前なのですが準備に追われています。
 中でも特に頭が痛いのが、海外のお客さんへの個人的なお土産です。
 
 「消えてなくなる」食べ物がいいと思うのですが、重くてかさばるのはいやだし、
 日持ちのしないものはだめだし、気味悪がられるような、抵抗感あるものは避けたい・・・
 
 とにかく出発前には荷物にパッキングしてしまいたい(=途中で手さげの袋などを増やしたくない)
 ので、事前に通販で手に入るものがいいですね。
 
 というわがままな気分で考えていたら、
 あるではないですか、名菓ひよ子
 これならかわいさとあいまって、
 ティータイムの会話にも事欠かきません
      
         これがあるということは、これもあるのかな、
 と思っていたら、こちらもありました、
 「東京ばな奈」 (笑)
 こちらもロングセラーのしうびあん
 あんがシュー皮でくるまれているので、
 外国の方にも喜ばれそうです
      
         舟和の芋ようかんは持っていくにはヘビーですが、
 海外の日本人の方に喜ばれること請け合いです
 「アニメ大国・ジャパン」をアピールするには
 こちら、ハローキティの人形焼ケーキ
 いかがでしょうか?
      
 
 ということで、「出発前パッキング」を重視したお土産は何とかなりそうです。
 余分なものはスーツケースに入れて、預けてしまった後は身軽な旅を楽しみましょう!
 
 
 あとはこれでも読んで、楽しい飛行機旅行、じゃなかった出張の参考にしますか・・・
 
このページの一番上へ
 2008/07/02(水) 「二人で50万円!」 
 
 あっという間に7月に入り、燃料代も天井知らずの高騰という、
 暗ーい気分になりそうな中で、景気のいいニュースが来ました。
 
 その名も、「キャセイ航空 ファーストクラスで行く香港4日間・二人で50万円!
 
 HPによるとこの企画の内容は、
 ●キャセイパシフィック航空ファーストクラス利用&ザ・ペニンシュラ香港宿泊(3泊) お二人で50万円!
 ●燃油サーチャージ・空港税込!!
 ●毎朝食付 !
 ●香港国際空港とホテル間はザ・ペニンシュラ香港のロールスロイスによる送迎!!!
 ●ホテル到着時にお部屋にウェルカムシャンパン !!!!
 
 この価格、一人でなく、お二人で50万円ですよ!
 (ちなみにこちらのサイトでキャセイビジネスクラス香港往復を調べると、一人20数万円です)
 
 ということは、それと大して変わらない金額でファーストクラスに乗れて(しかも諸経費全て込み)、
 あの有名なペニンシュラにも泊まれて(朝食付き)、空港まではペニンシュラのロールスロイスで送迎!
 なんともバブリーなこの企画が、このお値段というのはお手ごろといえるのではないでしょうか?
 
 (私などは)普段決して味わうことのできないこの王様気分を味わえて、
 お二人で50万円という価格は、(価値観の分かれるところですが)
 天井知らずの燃料高騰のことを思うと、これが現実的な最後のチャンスかもしれません。
 
 設定除外日もありますが、これを外してご自身の予定に合えば、
 「キャセイ航空 ファーストクラスで行く香港4日間・二人で50万円!」を
 ぜひご検討してみてくださいね。
 
 
 (このような 「ナショナルフラッグキャリアの上級クラス」+「その国を代表するホテル」
  によるタイアップって、「さぞかしすごいものを見せてくれるんだろう」という
  期待感が膨らんでいいですね。例えばの組み合わせとして、
   ・キャセイパシフィック航空―ザ・ペニンシュラ
   ・シンガポール航空―ラッフルズホテル
   ・タイ航空―ザ・オリエンタル・バンコク
   ・日本の場合、JAL―  ・・・帝国ホテル、なのかな??
   1+1=3となるこのような企画、コストパフォーマンス含めて今後も期待したいところです!)
 
 
 
 
このページの一番上へ

 
トップ準備編チェックイン編搭乗前の対策編搭乗後の機内快適編皆様の機内快適機内快適日記