海外への飛行機旅行快適ガイド       〜 機内快適 〜
機内快適のトップページへ
operated by www.haratabi.com
トップ機内快適日記>2009年01月
 
 
   
 本日の快適な飛行機!  〜機内快適日記 2009年01月〜
 
 本サイト管理人が、日常より感じた飛行機旅行快適のヒントをご紹介します。
 
 2009/01/30(金) 「離着陸時の撮影」 
 
 をデジカメですることは、計器類の誤作動を起こす恐れがるため、いけないことになっています。
 (フィルムカメラでは、バシバシ撮影OKです)
 
 だからこそ、航空写真家・マニアの方々はデジカメとフィルムカメラ両方を持ち込んで
 撮影に勤しんでいるです。が、このニュースはどうでしょうその(1) その(2)
 
 パイロット自身が操縦席から離着陸時の撮影をして、
 それを、あろうことかインターネット上で公開していたとのこと。
 
 気持ちは十分にわかります。
 というよりうらやましくて、もし同じ立場だったらやってしまいそうな気がする・・・
 『今日の機窓コーナー』という感じで、着陸時の滑走路写真と共に、
 「札幌・千歳空港は雪晴れでした。雪煙を上げて着陸する寸前の当機」なんて、
 一枚・一言だけで十分ブログネタですものね。
 
 それでもやっぱり「離着陸時の電子機器類はダメ」といっている側の人間が、
 自ら率先してやるのはまずいでしょう。
 
 どうしても撮影をしたいなら、往年のフィルムカメラ(チェキとか(笑))を持ち込むか、
       
 シートベルト着用サイン
 (電子機器類使用禁止サイン)
 点灯直前での上空からの風景を狙うか、
 着陸したあとの空港の風景に
 とどめておき、楽しい飛行機旅行の
 思い出としましょう。
 
 (写真はシカゴ・オヘア空港の上空と空港にて)
 
 パイロットのブログといえば、この方のブログでは離着陸時の撮影写真はないようですが・・・
 ともあれ、飛行機の運転手・パイロットさんには安全運行をお願いしたいものです
 
このページの一番上へ
 2009/01/29(木) 「機内への搭乗時」 
 
 って、結構厄介です。
      
 何がって、狭くて長くて混んでいる
 ボーディングブリッジを通るときは
 止まったり動いたりの渋滞。
 手提げや肩掛けのカバンだと辛い・・・
 乗り込むときには飛行機とブリッジとの
 段差が・・・
 
 このような段差解消スロープを
 常時かけておいてくれれば、
 つまづかなくて済むんですけどね。
 そして機内に入ってからがまた大変です。
 
 狭い機内では、通路の真ん中で荷物を出し入れ
 する人、窓側なんだけど通路側に人がいるので
 その人に出てもらって窓側に入る人、
 席を間違えて流れに逆流する人・・・・
 
 そしてやっと辿り着いた自分の席も、
 やっぱり通路側の人に出てもらって
 一番奥の窓側に入ります。
 
 このような、渋滞・ノロノロ運転が基本の機内搭乗(乗降)時のことを考えると、
 やっぱりカバンは車輪のついたトローリータイプが地べたを転がせてラクですね。
 
 
 
 
 
      (この際、ジュラルミンも眩しいRimowaの機内持込みタイプはいかが?)
 
            
 
このページの一番上へ
 2009/01/25(日) 「マイル重複」 
 
 ユナイテッド航空より「マイレージ・プラス《セゾン》カードに関する重要なお知らせ」とのメールが来ました。
 
 メールの中身を見ると、
 『このたびは、弊社の手違いによりマイレージ・プラス《セゾン》カードをご利用いただいているお客様に
 重複してマイルを加算していたことが判明いたしました。
 重複分を、訂正させていただきましたので、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
 ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。』
 とのこと。
 
 「え?重複して加算されてたの?もしかして今のマイル残高が、『実は手違いだった』で大幅に減る?」
 と心配してUAのホームページよりマイル残高を確認すると
 
     
 確かに、同じような加算が3連続であり、直後の
 同じ日に括弧付けで引き落としがされていて、
 最終的に重複のない加算がされていました。
 
 この近辺にマイル残高など全然気にしなかったので、
 別に「たまったと思ったのにガックリ」というような
 ヌカ喜びはありませんでした。
 
 が、このような「上げといて後から下げる」という
 ミスはあまりいい気がしませんね
 
 まぁ私の場合、クレジットカードで月にたまるマイルはタカが知れていますが、
 今回のこの加算ミスが本当だとしたら1600マイル、年間2万弱と悪くはないたまり方です。
  (が、世の中そんなに甘くありません・笑)
 しかしこれが逆パターン(乗ってる・使ってるはずなのに加算されてない)であると、これは冗談ではありません。
 
 あなたも、「乗ってない・使ってないのに、なぜだか加算されている」分は黙っておくとして(笑)、
 「これだけ乗ったのに・使ったのに、加算されてない」分がないか、もう一度注意してみてはいかが?
 
 
このページの一番上へ
 2009/01/24(土) 「インボラアップグレード!」 
 
 久々に、「あなたのアップグレード体験を教えてください!」コーナーに、
 ご投稿をいただきました。 こちら、あきらさんです!!(あきらさん、ご投稿ありがとうございました)
 
 あきらさんのアップグレード体験は、「ギリギリチェックイン系」、または「病人系」(またはその両方?)。
 アメリカの地方都市から経由便で日本に帰国の際、経由地から先の日本行きで
 アップグレードされたというラッキーなあきらさん、おめでとうございました。
 
 あきらさんご自身では、今回のアップグレードを
 「アメリカでの仕事中、ほとんど徹夜だったので、本当に助かりました。
 もしかしたら、死にそうな病人みたいな顔色だったのかも。。。」
 と分析しています。これが有効ならチェックインカウンターでの「仮病演技」や
 「偽装ギブス&松葉杖作戦」が功を奏するかもしれません。
 が、チェックイン時にカウンター係員が、乗客の体調悪そうな顔色を見て、
 それも経由地から先の日本行きの便をアップグレードしてくれるとは
 ちょっと考えにくいような・・・(本当だったらごめんなさい)
 
 これはやはりもともとオーバーブッキングで、「来なかったら乗せないつもりだった」あきらさんが
 来てしまったため、ビジネスでも何でも乗せざるを得ない状況となったためではないでしょうか?
 (いずれにせよお疲れのところアップグレードされてよかったですね!)
 
 
 
  ※ あなたもご自分の「アップグレード体験」を、旅好きの皆さんへご披露されませんか?
 飛行機旅行の究極のタナボタ、インボラアップグレードの喜びを分かち合いましょう!
  (ご投稿はこちらから、今ならあなたのサイトへのリンクもついて、掲載率100%ですよ!)
     
このページの一番上へ
 2009/01/17(土) 「飛行ルート」 
 
 通勤途中に最近気がついたのですが、家の西上空は定期便の飛行ルートになっているようで、
 空を見上げると、同じ時間に同じ飛行機が飛んでいるような気がします。
 
 そこで週末、実際にその時間帯(朝7時〜7時半)に外に立ってカメラを構えてみました。
 
     
 こんな感じで、青空をバックに西に沈もうと
 している月の間近を次から次に飛行機が
 飛んでいく絵がいい感じでしょ? 
 
 で、一体どこの航空会社かズームで撮ってみようと
 しましたが、カメラの性能(というよりウデ)のせいで、
 なかなかくっきりとはわかりづらいですね。
 2機目にやってきたこれはJALですね。
 「太陽のアーク」の尾翼でわかります
 3機目のこちらはANAのB744のようです。
 このルートはどうやら国内線用みたいですね
 こんな感じで、あなたもご自宅の近くが
 実は飛行ルートになっているかもしれません。
 
 週末、空が鮮やかなこの季節の朝・晩に
 空を見上げてみてはいかがでしょうか?
 (防寒の準備はしっかりして風邪引かないように!)
 
 
 
 
 
 (実際の日本縦断の飛行ルートからの
  眺めがいい方はこちらをどうぞ!)
このページの一番上へ
 2009/01/16(金) 「あなたの機内の友」 
 
 一週間お疲れ様でした。今週は皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?
 
 さて、当サイト『あなたの機内の友を教えてください!』コーナーに、久々にご投稿をいただきました。
 chiemi様と、佐藤様です。
 
 まず最初のchiemi様は、「楽な服装・スタイル」というのが機内快適の信条のようですね。
 お化粧は落とすなど、「お風呂上りのリラックス感覚」が機内快適のカギとなるのは、
 機内経験の豊富さを物語っていますね。
 
 また、佐藤様は、大の飛行機好きらしく、「航空無線の受信機」が機内快適の友とのことです。
 「飛行機の中で自機のパイロットと管制官とのやり取りを聞くのは 非常に楽しいです」
 確かに楽しそう・・・ですが、これらの機器を実際に作動させて機内で聞くのが、
 問題ないのかは私は知りません。
 (確かに、空港の展望デッキに行くと多くの方々が愉しんでいらっしゃるとおり、
  このような航空無線関係のグッズは、書籍含めて山のように売られているようです。)
 
 機内のオーディオチャンネルでコックピットと管制官とのやり取りが聞ける航空会社も
 ありますし、合法的な形で航空無線をお楽しみくださいね♪
 
 では、冬の寒い時期ですが、お体にお気をつけて、よい週末をお過ごし下さい!!
 
     
このページの一番上へ
 2009/01/12(月) 「新年」 
 
 今さら、という感じですが、新年明けましておめでとうございます。
 
 皆様は今年の年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?
 私は大した外出もせず、自宅周辺でおとなしくしていましたが、
 年末からの風邪気味をずっと引っ張ってしまい、ようやくここにきて回復してきたところです。
 
 暇で時間ばかりあると、心身ともに緩んでしまって、風邪などが治りにくいのかもしれませんね。
 
     
 で、体調が思わしくないときの私のお気に入りの
 時間の過ごし方が、旅行ものの読書です。
 
 旅行者にとっての伝説のバイブルといえば
 沢木耕太郎の『深夜特急』。今回手に取った
 『旅する力・深夜特急ノート』は、
 『深夜特急 』の裏話が満載のエッセイです。
          
 
 若かったときと今の自分を比べて、旅に対する思いを淡々と綴っていく文体は
 読み手それぞれの「深夜特急」の時代も思い起こさせてくれ、心に染み入ります。
 「これを読んで自分も旅に出たんだよな」とか「結局こういうスタイルの旅はできなかったな」とか。
 
 新年、これから旅に出ようとしているあなた、しばらく旅から遠ざかってしまっているあなた、
 またここのところ疲れてしまって自分を見失ってしまいそうなあなた、
 旅好きのあなたにとって『旅する力・深夜特急ノート』はあなたの心にしんみり効きます。
 特に、機内で読む本としてはピカイチのお勧めです。どうぞ手にとって見てくださいね!
 
 
このページの一番上へ

 
トップ準備編チェックイン編搭乗前の対策編搭乗後の機内快適編皆様の機内快適機内快適日記