海外への飛行機旅行快適ガイド       〜 機内快適 〜
機内快適のトップページへ
operated by www.haratabi.com
トップ機内快適日記>2009年02月
 
 
   
 本日の快適な飛行機!  〜機内快適日記 2009年02月〜
 
 本サイト管理人が、日常より感じた飛行機旅行快適のヒントをご紹介します。
 
 2009/02/24(火) 「機窓」 
 
 飛行機に乗ったときの楽しみとして、多くの方が挙げるのは機内からの車窓、じゃなかった機窓ですよね。
 ましてやコックピットから見る風景は格別でしょう。
 なんとかここから風景を楽しむ術はないものか、それも合法的に・・・
 
 それがありました、こちら。「キャプテンからのルートインフォメーション」です。
 ANAのパイロットが国内線定期便を操縦しながら、ルート案内をしてくれるページです。
 2006年より始まったこのコーナー、既にvol.28だそうで、
 国内線のルートの数だけ引っ張れるとあって(失礼!)長寿番組ですね。
 
 この中で私の特に気になるルートはvol.17の伊丹−成田線です。
 なんといっても機長自らからあるように
 「この路線は国際線仕様の機材を使用しており、スーパーシートプレミアムをご利用いただきますと、
  国際線のファーストクラスの座席を体験いただくことができます。(2008年3月現在の運航機材になります)」
 これはお得ですね!!
 
 ああ、違うって?機窓の話でした。
 
 
 私がこれまで心に残っている機窓は
 (国内線ではありませんが)以前乗った
 ヨーロッパのヴェニス−フランクフルト間です
 
 夕暮れ時のヴェニスは地図どおりの
 島影がとても感動的ですね。
 その後は機種を北に向け、イタリアアルプスを
 抜けてドイツへ。夕日に照らされる雪山も
 機内から眺めると一層郷愁を誘います
 
 というわけで(?)、なかなか飛行機に乗る機会のない方も、
 ANA「キャプテンからのルートインフォメーション」で、国内線の機窓風景を
 楽しんでみてはいかがですか?
 
 
 
  〔PR〕国内線ではなく、国際線はANA割引運賃のこちらから!
 
     全日空 ビジネス割引           全日空 エコノミー割引
                
 
このページの一番上へ
 2009/02/23(月) 「ワンタイムパス」 
 
 空港のビジネスクラスラウンジを使うことができるのは、通常該当のクラスを利用する方か、
 マイレージ上級会員のみというのが一般的で、そうでない「一見さんはお断り」というのが常識です。
 
 しかし!抜け道はあるものですね。
 ユナイテッド航空のホームページを見ていると、「ワンタイムパス」という制度があり、
 ユナイテッド航空のラウンジであるレッドカーペットクラブ(RCC)を一回US$50で利用ができるそうです。
 
 US$50を安いとみるか高いとみるかは微妙ですが、
 夕方の便に乗るのに昼前後から入って、飲み物・ネット・シャワーなどが使えることを考えると
 高くはないような気がします。
 
 あなたもこの次のご旅行に、UA・レッドカーペットクラブのご利用をご検討してみては?
 
 (↓ユナイテッド航空・レッドカーペットクラブのイメージ。
       なお、念のためご利用便の規定などに関して、ユナイテッド航空へご確認をお願いします)
 



 
 
 
 
  〔PR〕UAもいいですが、全日空のラウンジご利用の場合は、全日空のビジネスクラス割引運賃で(笑)!
 
     全日空 ビジネス割引           全日空 エコノミー割引
                
 
このページの一番上へ
 2009/02/22(日) 「成田にて(5)」 
 
 成田空港の探訪は、第1ターミナルから無料巡回バスに乗って第2ターミナルへ場所を移します
 
 第2ターミナルの入り口です。
 心なしか閑散としているような・・・
 車寄せを見てもほとんど人はいません。
 
 基本的に出発階の車寄せでは、人は先を急ぎ
 さっさと中に入ってしまうため、到着階と違って
 あまり滞留しないのかも知れませんね
 それでも中はあまり賑わっているとは言い難い・・・
 
 第2ターミナルって、天井が高くて明るいので、
 関西空港の出発階と雰囲気が似ていますね。
 確かに垂れ幕も第1ターミナルより明るく
 感じられます
 さて、チェックインカウンターを廻って見てみましょう
 
 JALのビジネスクラスチェックインカウンター、
 まあ普通のチェックインカウンターですが
 ファーストクラスカウンターはちょっと
 雰囲気が違う、と思って反対側に行ってみると
 なんと、そこは「控え」のソファーが置かれ、
 搭乗客はそこに座ったまま、スタッフが
 チェックイン作業を行ってくれるようです。
 
 重厚なインテリアを備え、「お殿様感」を
 演出してくれますね
 こちらはJAL Grobal Clubのお客様専用
 カウンターです。
 
 ここで金屏風を用意するくらいなら、
 ファーストクラスにもあった方がいいような
 気がしますが・・・
 こちらはアメリカン航空です。
 
 マイレージプログラムの「ワンワールド」が
 10周年を迎えたとので、ポップな風船飾りが
 「アメリカン」な雰囲気ですね
 中国東方航空に
 マレーシア航空、
 フィリピン航空など
 やっぱり第2ターミナルも出発の雰囲気満点でした
 こちらはクレジットカードで利用できるラウンジです
 (第1ターミナルはこちら)
 そしてどこでも人気なのがこちら、旅行グッズです
 
 売れ筋はスーツケースベルトセキュリティポーチ
 耳栓(サイレンシアフライト )、そして
 キャリーカート などのようです
 
 
 ということで、ずいぶんと引っ張った成田空港探訪ですが、お楽しみいただけましたでしょうか?
 
 空港に行くだけでもこのように(?)楽しいスポットはいっぱい。
 ぜひあなたもこの次の週末に空港へ足を運んでみては?
 
 
        
  
 
 
  〔PR〕ワンワールドもいいけど、スターアライアンスなら全日空の割引運賃で!
 
     全日空 ビジネス割引           全日空 エコノミー割引
                
 
このページの一番上へ
 2009/02/18(水) 「成田にて(4)」 
 
 さて、この次はターミナル内に戻りましょう
 
 あれ、5Fにはいつの間に、航空科学博物館
 ミュージアムショップ「バイプレーン」が
 できていました(前からありましたっけ?)
 
 航空模型や書籍、小物などマニアだけでなく、
 お子様・女性にも人気が高いようです。
 
 私はこんな文庫を見つけ、早速購入しました。
 外資系航空会社・男性社員のデイブさんから見た
 航空会社の裏側は、CAモノとは一味違って
 これまた新鮮です。
 そして、到着階の1階に降りてきました。
 通常、帰国で降り立つここ1階は
 「疲れた。さっさと家に帰りたい」という気が
 先に立って足早に通り過ぎることが多いです。
 が、実は穴場の宝庫なのです。
 
 早速1階を歩いていると、「シャワールーム」の
 文字が。階段かエレベーターで2階に
 上がってみましょう。 
 すると、階段の先にはきれいな入り口が、
 確かにありましたよ。
 営業案内はこちらの通り。
 朝7時から夜9時まであいているので、
 早朝・深夜便の出発前にちょうどいいですね。
 
 飛行機を利用しなくても、見送り・出迎えの
 場合も利用したらいい気分かもしれません
 (そんな人いないか?)
 もう1度、到着階の1階に戻り、
 更に歩を進めていくと、今度は
 「航空会社ラウンジ」だそうです。
 
 到着階なのにラウンジ・・・ここがウワサの・・・
 そう、ANA到着ラウンジです。
 
 隅のほうの絶妙にわかりにくい場所にありますね。
 
 こちらは閉店時間は夜の7時半だそうで、
 これより後の到着便にはご利用になれません
 (せっかく上級クラスに乗っても)
 この到着ラウンジの近くには「宅配便村」が
 ありました。どこも関東圏内なら、「本日配送」
 してくれるそうです。
 
 「身軽で帰りたい、でもお土産が次の日に
 届くのはイヤ」という、わがままなあなたに
 ピッタリです
 
 それではここで、お昼を食べて一息つけましょう。
 
 (中華料理の翠鳳にて。
  写真のタンタン麺とチャーシュー丼のセットは1200円で、満足度十分でした。というより食べ過ぎました)
 
 
 
 まだまだ延ばします。このあとも成田空港内の探訪は続きますよ!(笑)
 
  
  〔PR〕到着ラウンジが使える全日空のビジネスクラスは、割引料金のこちらでどうぞ!
      但し、到着ラウンジ目当ての場合は、7時前に到着の便で帰国しましょうね(笑)
 
     全日空 ビジネス割引           全日空 エコノミー割引
                
 
このページの一番上へ
 2009/02/15(日) 「成田にて(3)」 
 
 お決まりのコースですが(笑)、展望デッキにも出て見ましょう
 
 雨がぱらつく中の成田空港第1ターミナル
 展望デッキ。
 
 あまり人もいないかと思いきや
 そうでもなくて景色を愉しんでいる
 人がそこそこいましたね
 よく見ると、フェンスの上部にはガラス(アクリル?)
 の板があって、網の間近にいれば雨にかからない
 みたいです
 天気が悪くても、この雰囲気は「空港に来たー」
 という感じでいいですね
 KAL機は午前中にはいつも真下に見えます
 が、ちょっとフェンスから離れるとこのような
 鉄格子気味の景色になってしまいます。
 
 この状況を改善しようと、航空写真家の
 チャーリィ古庄さんが
 「日本のデッキを変えるプロジェクト
 を展開中です。
 さて、ターミナル内の出発ロビー4Fに戻ってくると、
 シンガポール航空のA380が出発の時間のようで、
 プッシュバックされていました
 このA380って、真正面から見ると
 ウナギか、アナゴか、ウツボ系の顔に見えて
 ちょっとグロテスク・・・ 
 
 
 A380関連のグッズにご興味のある方は、こちらからどうぞ!
 
 (私のほうは、まだまだ成田空港内の探訪を続けますよ!)
 
          
 
 
 
 
 
  〔PR〕海外への出発は、シンガポール航空と同じくスターアライアンスの
      全日空のビジネスクラス割引、エコノミークラス割引料金でどうぞ(笑)!
 
     全日空 ビジネス割引           全日空 エコノミー割引
                
 
このページの一番上へ
 2009/02/14(土) 「成田にて(2)」 
 
 せめて海外に行く空港の気分だけでも味わおうと、成田空港を訪れたある日の午前中の続きです。
 
 2月という海外旅行ピークシーズンでもない
 成田空港の午前中は、ゆったりとした
 時間が流れています。
 グランドピアノとオーストリア航空、お似合いですねー
 フロアの一角に目立たなく何気なくあるこちら、
 プライオリティ・セキュリティレーンです。
 
 上級クラス利用者、マイレージ上級会員が
 利用できるようですが、セキュリティを抜けた先の
 出国審査窓口では優遇措置はなく、
 一般レーンと同じに並ばされます。
 出国チェックインフロアに最近あふれてきたこちら、
 自動チェックインマシンですが、結局のところ
 荷物の預け入れがある場合には、
 カウンターで預け直さないといけないので、
 最初からこちらに並ぶ方がほとんどのようですね。
 
 海外に旅立つのに、預け入れ荷物がない人、つまり
 自動チェックインマシンだけで済ませられる人って
 果たしてどのくらいいるんでしょうかね
 チェックインカウンターエリアを抜けた先の
 (一般向け)セキュリティエリアの入り口。
 
 旅ゴコロをくすぐる素晴らしいデザインだと思います
 そのセキュリティの入り口では液体物持込の
 注意喚起が、実物の例と共に示されています。
 
 味噌もメンマも、ハウスのレトルトカレーも、
 なめこ・イカ塩辛もダメなようですね。
 
 なんだか機内でのつまみ系の楽しみが
 軒並み奪われている気がする・・・
 (各々100mL以内の容器に詰替え、合計1L 以内の
 チャック付きポリ袋に入れればOKです。その他、
 屁理屈的な疑問をぶつけたい方はこちらをどうぞ!)
 また、出国してしまったあとのエアサイドで
 手紙を出すことはできません。
 
 海外へ出る前、大切なあの方へ伝えておきたかった
 お手紙は、出国する前に出しておきましょう。
 ご親切に、ポストがセキュリティ入り口直前の
 場所に備えつけられています(笑)
 
 
 それではこれから本当に出国される方、お気をつけて行ってらっしゃい!
 
 (私のほうは、成田空港内の探訪をまだまだ続けますよ!)
 
                
 
 
 
 
  〔PR〕海外への出発は、全日空のビジネスクラス割引、エコノミークラス割引料金でどうぞ(笑)!
 
     全日空 ビジネス割引           全日空 エコノミー割引
                
 
このページの一番上へ
 2009/02/11(水) 「成田にて(1)」 
 
 行ってまいりました、海外に行くわけでもないのに成田空港への1日遠足。
 空港に行って、気分だけでも海外への快適な飛行機旅行の思いに浸ってきました。
 
 成田空港第1ターミナルの出発階です
 
 天気は曇り時々小雨、10時過ぎで7℃と肌寒く
 「青空をバックに飛行機」と行かなかったのが
 残念でした
 2月というのは旅行シーズンでもないためか、
 外の車寄せはガランとしています
 過去にはいつも開いていたここ、
 カーブサイドチェックインもシャッターが
 閉じられて利用不可でした
 (開いていても、使っている人見たことないです・・・)
 ターミナルビル内に入ると、これまた
 人出はけっこう空き気味ですね。
 いつも撮ってしまうこの「A→B→C→D・・・」の
 並び写真。スターアライアンスの上顧客の
 順に並んでいます
 上の撮影をした足元には世界各地の
 気温の表示板があります。
 
 ブラジルでは南半球だけあって真夏の31℃、
 ニューヨークは意外にも東京(10℃)よりも
 高い13℃でした。
 空港らしい風景、と思ったその先をよく見ると
 シンガポール航空のエアバスA380が駐機中です。
 他のANA機と比べてもその大きさが際立ってますね
 こちらはオーストリア航空のB777。
 赤いコーポレートカラーが上品でお洒落ですね
 
 
 というわけで、成田空港内の探訪はまだまだ続きますよ!
 
 
 
 
 
 〔PR〕全日空 ビジネス割引           全日空 エコノミー割引
                
 
このページの一番上へ
 2009/02/10(火) 「成田前夜」 
 
 ここのところのこの景気で、海外はもちろん、国内出張もさっぱりの私・管理人。
 飛行機には最近全くのご無沙汰です。
  (行かなきゃ行かないで何とかなってる出張って、どうなんだ?)
 
 しかし、飛行機旅行の楽しみは、飛行機に乗ることだけではありません。
 飛行機に乗らなくてもその雰囲気に浸って楽しめる場所、それが空港です。
 
 よく考えてみると、実は我が自宅は日本最大の国際空港・成田空港からそんなに離れてはいない・・・
 (それでも小一時間はかかりますが)
 そこで嫌がる妻を(昼食をネタに)説き伏せて、明日は成田空港に行ってきます。
 海外へ飛び立つ国際空港の高揚感で元気になって帰ってくるか、
 そこにいる自分だけ海外に行けない境遇に、落ち込んで帰ってくるか、
 はたまた穴場のグルメスポットを発掘して皆さんにご紹介できるか(多分ないな)、
 いずれにせよ自分なりのお気に入りの場所を成田に見つけられればと思います。
 
 
 (成田空港のガイドといえばこちらこちらが主なところでしょうか。
  これとは別に、成田空港関連の本・その他って、こんなにあるんですね)
 
このページの一番上へ
 2009/02/08(日) 「今度はCAさんが!」 
 
 先日機長がデジカメで写真撮影していたニュースをご紹介しましたが、
 今度はCA=客室乗務員が携帯電話で写真撮影していたというニュースです。
 
 だから「写ルンです」などのフィルムカメラで撮ればいいものを、
 気軽に手元にあるカメラ付き携帯で撮ってしまったのが運の尽き、乗客の通報で発覚してしまったとのこと。
 立場的に「やるな」といってる側の人間がやってしまっていれば、通報されても言い訳はできませんが、
 懲戒免職とはちょっとかわいそうですね。
 
 ちなみにデジカメで撮影してはいけないタイミングは航空会社マチマチなようで、
 日系の航空会社は機内に乗り込んだ瞬間からダメ(デジカメ撮影していると怒られる)ですが、
 欧米系は飛行機が動き出すまでOKなようで、かつて乗り込んだ直後に座席で撮影していると
 CAさんが近寄ってきて(怒られるかと思ったら)「お撮りしましょう」と撮ってくれました。
 
 飛んでいるときに計器が狂って飛行機が落ちたら困りますが、
 まだ1ミリも飛行機が動いていないときくらいいいのでは・・・?と思ってしまいますが、
 このような姿勢は(日系会社にとって)安全サイドの観点から許されないのかもしれません。
 だったら全航空会社共通で「全面的にダメ・破ったら厳罰」と統一・徹底すればいいのに。
 
 いや、それよりも「絶対に飛行機の計器に異常を与えないデジカメ」を、カメラメーカーには
 開発・発売してもらいたいものです。
 それまではやっぱり「写ルンです」にしときますか・・・・
 
このページの一番上へ
 2009/02/05(木) 「(またまた)アップグレード!」 
 
 ここのところ「あなたのアップグレード体験を教えてください!」コーナーへの
 ご投稿が続いています。 本日はこちら、たけひろさんです!!
  (たけひろさん、ご投稿ありがとうございました)
 
 たけひろさんのアップグレード体験は、「見た目で勝負系」。
 しかも、全4回の搭乗回数のうち2回もアップグレード、かなり高確率です。
 1回目は新婚旅行中、「ハネムーンぽい雰囲気」のおかげか、アップグレード。
 2回目は奥様が「妊娠していておなかがでていた」ことを気遣って貰って、ご一家3人のアップグレード。
 まさにご家族の節目節目にアップグレードを果たしている感がありますね。
 
 このたけひろさんの体験、つまり「新婚旅行」&「お腹に赤ちゃん」を基にすると、
 できちゃった婚などでお腹に赤ちゃんがいる状態でハネムーンに行くと、
 更に高確率でインボラアップグレードをゲットできるのでしょうか?
 
 それより、お腹に詰め物をして新婚旅行っぽい雰囲気をかもし出すだけで
 効果があったらかなり儲けものです。
 しかし!妊産婦の方は医師の診断書が必要な場合もあるそうですので、
 診断書の有無をチェックイン時に聞かれて嘘がバレたら恥ずかしいです。やめておきましょう。
 
 
 
 
  ※ あなたもご自分の「アップグレード体験」を、旅好きの皆さんへご披露されませんか?
 飛行機旅行の究極のタナボタ、インボラアップグレードの喜びを分かち合いましょう!
  (ご投稿はこちらから、今ならあなたのサイトへのリンクもついて、掲載率100%ですよ!)
       
このページの一番上へ

 
トップ準備編チェックイン編搭乗前の対策編搭乗後の機内快適編皆様の機内快適機内快適日記