海外への飛行機旅行快適ガイド       〜 機内快適 〜
機内快適のトップページへ
operated by www.haratabi.com
トップ出発の前に〜準備編〜>格安?PEX?
 
 
 格安航空券か?PEX航空券か?
 
 すでにご承知の通り、航空券には
 1)正規航空券 2)PEX(正規割引)航空券 3)格安航空券格安航空券か?PEXか?
 の3種類があります(航空券・種類の解説)。
 
 価格の問題から、(管理人を始め)多くの方が利用するのは、
 2)か3)、特にダントツの安さということになると、3)の格安
 航空券ということになると思います。
 
 しかし!機内の快適性にこだわるなら、この航空券選びの
 段階からすでに勝負は始まっているのです。
 
 格安航空券というのは、旅行会社が団体運賃の航空券を
 個人にバラ売りしている航空券であるため、
 航空会社側からの扱い(予約クラス)としては「最下等」です。
 
 このような格安航空券のデメリットとしては、
 ・座席の事前指定は受け付けてくれない(場合が多い)
 ・オーバーブッキング時のアップグレード候補順位が低い
 ・マイルの加算率が低い
 ・旅行会社を通さなければならないための不都合が多い
   ・・・(例)クレジットカードが使えない、
        空港の団体カウンターでしか航空券を受け取れない、
        代金を振り込んだ後に旅行会社が倒産する恐れがある、等々
         (注:全ての旅行会社に該当することではありません)
 
 一方、「正規=高い」というイメージのPEX券でも、よくよくチェックしてみると、
 格安航空券に迫る(時には格安より安い)ものも出ています。
 PEX航空券なら次のようなメリットがあり、格安と同レベルの価格なら迷わずこちらでしょう。
 ・座席に事前予約が可能
 ・予約クラスが格安より上→アップグレード候補順位が(格安券より)高い
 ・すばやく予約・発券ができて、クレジットカードも使える
 ・航空会社自らが販売するという安心・信頼感がある(倒産の心配などが少ない)
 
 問題は、狙いの目的地・時期について、PEXと格安であまりに価格の差が激しいとき。
 (例:○月○日パリ行きで、PEXは12万円、格安は7万円、のときなど)
 
 価格差がここまで出てしまうと本当に考えてしまいます。
 価格・日程・フライトスケジュール・マイレージプログラム 等を考慮して、
 「ここは譲れない」という点を明確にした上で、格安又はPEXの判断を
 されることをお勧めします。
 (例:「安いけど出発・帰国時の時間、乗り継ぎの時間は最悪、
   しかもキャンセル待ち」なんていうケースは、すぐにとれる直行便のPEXに決定!)
 
 格安・PEXに関わらず、ネットで航空券を比較販売しているサイトは種々ありますが、
 多くありすぎてどのサイトを選べばいいか困ってしまう、そんなときには
 姉妹サイト中の、「航空券・比較サイトを比較する」ページもぜひご参考にどうぞ!
←戻る   進む →
このページの一番上へ
 
 
トップ準備編チェックイン編搭乗前の対策編搭乗後の機内快適編皆様の機内快適機内快適日記