海外への飛行機旅行快適ガイド       〜 機内快適 〜
機内快適のトップページへ
operated by www.haratabi.com
トップ>サイト運営方針
 
 
 サイト運営方針
 
  飛行機での移動空間は、海外旅行の手段ではなく目的です!
 
 一年に何回も海外に行く方、または何年かに一回しか行かない方、
 いずれも日本から海外へ飛び立つ主な手段=飛行機には
 ある程度の思い入れがあるのではないでしょうか。
 
 出発の朝空港に行くだけで、そこにいる人種の多さに異国を感じ、
 更には利用する飛行機が外資系なら、機内に足を踏み入れた瞬間
 そこには既に到着国の匂いが漂っている・・・
 
 ところがです。そのような匂いをかぎながら(?)たどり着いたエコノミークラスの
 自分の座席の狭さに、多くの人は愕然とします。隣町へ行く路線バスならともかく、
 これから10時間を超えて遠い異国の地へ飛んでいく飛行機とはとても思えません。
 
 「何かの間違いなのでは?」「夢なら覚めて欲しい」と願ってみても、
 寝て夢を見る空間は、やっぱりここであることには変わりありません。
 
 そして、多くの人は「格安券だから仕方ない」「エコノミーとはこんなもんだろう」
 と諦めて、その窮屈な空間でエコノミークラス症候群の恐怖に怯えながら、
 長い時間を過ごすのです。これはエアバス社の超大型機・A380が就航した
 あとでも、エコノミークラスでは基本的に変わらないといわれています。
 
 しかし、本来楽しいはずの海外旅行の第一歩=飛行機内が、
 こんな苦行であっていいものでしょうか?
 
 一方で、最近のビジネスクラスのシート快適性には目を見張るものがあり、
 金銭的に余裕のある方からは、「いやならビジネスに乗りな。真横になって眠れるよ」
 とイヤミをいわれそうですが、そんな余裕はないしそんな余裕があれば、
 その分海外に行く回数を増やしたい・・・・
 
 そこで、当サイトでは、
 「エコノミークラスの料金で」「工夫次第で」「機内を快適にする」
 ためのヒントを、ご提案することを目的としています。
 
 エコノミーでも払っているからには客は客!
 エコノミーだからといって「単なる交通手段」と諦めるのではなく、
 「海外旅行の一つの目的」として、飛行機旅行を楽しんでいただけることを、
 管理人は願っています。
 
  
  
 
このページの一番上へ
 
 
トップ準備編チェックイン編搭乗前の対策編搭乗後の機内快適編皆様の機内快適機内快適日記